少女マンガの原点は『トキワ荘』にあり!!

写真拡大

 トキワ荘といえば、有名漫画家を輩出したアパートとして有名ですが、ここで漫画家たちがどのような漫画を描いていたかということは、あまり知られていません。

 手塚治虫さんをはじめ、赤塚不二夫さんや藤子・F・不二雄さんなど、トキワ荘に住んでいたメンバーを考えると少年漫画のイメージが強いのではないかと思いますが、意外なことにトキワ荘に住んでいた当時に多かった仕事は「少女まんが」の仕事だったようです。

 『トキワ荘パワー』(祥伝社/刊)を監修した、漫画家の水野英子さんは、トキワ荘の漫画家の紅一点でした。水野さんによると、当時の少年誌は大家の作品で埋められており、水野さんや赤塚さん、石ノ森さん、藤子さんのような若手漫画家の入り込む余地はなかったそうです。一方、少女まんがはまだ発展途上で描き手を必要としていたという事情があり、トキワ荘の若い漫画家たちに仕事の依頼が舞い込んだのです。
 その仕事の数々はどれも斬新なものばかりで、それがそのまま現在の漫画の基礎になったといっても過言ではありません。

 また、トキワ荘の漫画家たちの共通点として、手塚治虫さんの漫画作りに対する姿勢、“手塚イズム”を受け継いでいることが挙げられます。
 “手塚イズム”とはすなわち、決して誤魔化さないこと、誠実に仕事をすること。

 『トキワ荘パワー』は、これまでの漫画史では語られてこなかった、トキワ荘の漫画家たちが実際はどのような仕事をしていたのか、ということにスポットライトを当てた点で貴重であると同時に“手塚イズム”を感じとることができるという意味でもかけがえのない一冊だと言えます。

 決して誤魔化さない、仕事に誠実に。
 手塚治虫さんの哲学が詰まった本書は、漫画に携わる人以外にも得られるものは多いはずです。
(新刊JP編集部/山田洋介)

【関連記事】 元記事はこちら
日本で人気のマンガ作品の英語版タイトルを調べてみた
双子の“生態”がわかるコミックエッセイ
読んでいるだけで論理力が養われる少年漫画

【新刊JP注目コンテンツ】
トキワ荘の紅一点 水野英子さんへのインタビュー
中谷彰宏の言葉のベストアルバムだ!(新刊ラジオ 第1192回)