変態がコンセプトのPSP「クリミナルガールズ」、少女たちの提案システムなどが明らかに

写真拡大

変態がコンセプトのPSP「クリミナルガールズ」、少女たちの提案システムなどが明らかに日本一ソフトウェアより、2010年11月18日発売予定のPSP「クリミナルガールズ」、その公式サイトが更新され、少女たちの提案システムが明らかになった。

戦闘に入って、まず彼女たちがすることは、自分がしたいことの提案ターンごとに、自分のしたいことをそれぞれ提案する少女たち。プレイヤーは、4人の少女たちの意見から一つを選び、採用することで戦闘をすすめていく形となる。


ツンデレ、ワガママ、暴力的…強烈な個性の持ち主の少女たちをまじめに戦闘へ参加させるのは至難の業。画面内を飛んでまわってサボって、ときには悶える少女たちを上手くあつかって、戦闘を進めなければならない。
クリミナルガールズ死後、少女たちが集められたのは「地獄の塔」。彼女たちは、現世で何かしらの「罪」を内面に背負ったことにより、この地獄へ堕とされてしまう。

塔ではそんな彼女たちを更正するために、あるプログラムが実行されていた。その名も、更正プログラム「ヨミガエリ」。
 
プログラムの内容は、この「地獄の塔」の最上階へ到達すること。そうすれば、彼女達の罪は償われ、現世へとよみがえることができる。 

主人公は彼女たちの指導教官として、7人を最上階へ導く任務につく。めざすは最上階。しかし相手は超がつくほど個性豊かな少女たち、そうも順調に行くはずがなく…?
 
おしおきシステムも充実のクリミナルガールズ

彼女たちのしたい事の提案などを聞き、時にはおしおきも必要な「クリミナルガールズ」。発売まで、もうしばしの我慢だ!
  

▼外部リンク
 
日本一ソフトウェア 
クリミナルガールズ


■関連記事
PSP「とある魔術の禁書目録」最新PV公開!
ファイナルファンタジー14、CMが公開!
売り上げ目標は40万本!パラサイト・イブ後継作「The 3rd Birthday」
FF14オープンベータに、人が集まっていない?
スクエニ「FF13を手元に残しておくと良い事がある」→無かったことになりました。