鯨漁師が、夫婦の鯨に出会ったとき、必ず雌を先に狙う。それはなぜか。
 
 雌が捕まったとき、雄の鯨はそこにとどまりますが、雄が先に捕まると、雌は逃げ去ってしまうから。つまり、雌から捕まえないと二頭を仕留められないのだそうです。

 これが江戸時代の鯨漁の掟だったと、山本一力氏の新聞連載小説「ほうき星」(産経新聞)で紹介されました。

 雄が捕まりそうになったとき、雌がさっさと逃げ去るのは理にかなっています。雌は子を産む存在、雄はほかにもいるのだから逃げて当然。反対に雌が捕まりそうになったときの雄の態度は健気です。単独で逃げたっていいのに、雌を案じてその場にとどまるのですから。

 「やはり男は、こうでなければいけない」と話すのは出版プロデューサーの川北義則さん。「最近の人間の男は、いささか情けないのではないだろうか。女・子どもを守るどころか、害を加えたり、自分のために利用したりもする。自分より弱い者に向かうとはもってのほかだ。鯨だけではない。子育て時期の動物は、例外なく命を賭して子どもを守ろうとするものだ」と川北さん。

 大人同士のトラブルは、個々に事情があるでしょうから一方的に非難できませんが、大人の男が女・子どもを虐待するのは、どんな理由であれ許すわけにはいきません。「弱いものいじめをするなんて最低ランクの男といってもいい。立ち向かうなら、自分より強いものを相手にすべきである」と川北さんは憤ります。

 私たち大人の男は「万物の霊長」どころか、鯨にも劣る存在になってしまっているのかもしれません。



『一流の男、二流の男』
 著者:川北 義則
 出版社:PHP研究所
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
じわっと盛り上がりつつある「zine」って何?〜『Love zine×リバティーンズ』(2010年9月11日22:45)
気鋭の写真家が注目のアジアファッションを語る〜『レスリー・キー』(2010年9月11日15:32)
伊勢丹バイヤーも注目する新ファッション大国はどこ?〜『リバティーンズ マガジン No.3』(2010年9月11日15:05)


■配信元
WEB本の雑誌