本日開幕した東京ゲームショウ2010レベルファイブブースでは、スタジオジブリの手描きアニメの美しさを限りなく再現したPS3用ファンタジーRPG「二ノ国 白き聖灰の女王」がプレイアブル出展し、試遊した人には布製トートバッグなどのスペシャルグッズが配布されることもあってか、「二ノ国」に登場するゴロネール城をモチーフとしたブースは多くの来場者でにぎわっていました。

詳細は以下から。二ノ国|株式会社レベルファイブ


幕張メッセ第5ホールに設置されたレベルファイヴブースの一画。


ゴロネール城をモチーフとしたスペシャルブースはかなり凝っています。



中へ入ると試遊台がずらり。


空いている試遊台までコンパニオンさんが案内してくれます。


老若男女、幅広い層に人気。


ゲームというよりアニメを見ているかのように美しい映像です。


プレイアブルは2種類のシナリオから選べます。こちらは「ネコ王との謁見」編を選んだところ。
YouTube - 「二ノ国 白き聖灰の女王」プレイアブルの冒頭部分


バトルシーンはこんな感じ。
YouTube - 「二ノ国 白き聖灰の女王」プレイアブルのバトルシーン


こちらは「ネコ王との謁見」編のエンディング。
YouTube - 「二ノ国 白き聖灰の女王」プレイアブルのエンディング


出口へ向かう方へは、額装した設定画などが展示されていました。



絵コンテなどもコラージュされています。




設定画。


どれもかなり見応えがあり、多くの人が足を止めて見入っていました。


帰りにもらえるスペシャルグッズのトートバッグと「レベルファイヴ超新作の書」。


裏面。トートバッグは布製でエコバッグとして使えそうなほか、A4が入るサイズなので東京ゲームショウでもらった各ブースのパンフレットなどを持ち帰るのにも便利。これはファンなら是非手に入れたいところなのではないでしょうか。


「レベルファイヴ超新作の書」の中身はこんな感じ。


スタジオジブリのアニメの中を冒険しているかのような世界を体験できるPS3用ファンタジーRPG「二ノ国 白き聖灰の女王」は2011年発売予定です。


二ノ国|株式会社レベルファイブ

・関連記事
東京ゲームショウ2010開幕、全記事一覧 - GIGAZINE

スタジオジブリが制作に携わっている「二ノ国」体験版プレイレポート - GIGAZINE

ジブリとレベルファイブが手を組んだ夢のRPG「二ノ国」、同梱される豪華な装丁の本を展示 - GIGAZINE

「レイトン教授と魔神の笛」「二ノ国」「イナズマイレブン2 脅威の侵略者 ファイア/ブリザード」試遊台250台を用意したレベルファイブの長蛇の列に並んでプレイしてみたレポート - GIGAZINE

記事全文へ