『ドラえもん』のスネ夫の家に3Dテレビ登場! 野比家は白黒テレビをカラーテレビにするのも渋っていた

写真拡大

毎日新聞の報道によりますと、9月17日に放送される『ドラえもん』(テレビ朝日系列)に、3Dテレビが登場するとのこと。「既に地デジ化されているスネ夫の家に、発表前の超巨大3Dテレビがやってくる。みんなに自慢するスネ夫だが、のび太にだけは3Dメガネを貸してくれず」(毎日新聞より)という内容になるようで、『ドラえもん』の世界でも地デジ化が問題になるようです。

『ドラえもん』は今までも、時代の変化に応じてストーリー設定も変化してきました。ジュースが100円から110円に値上げされた際は、のび太が「100円じゃジュースも買えないよ!」と発言するなど、時代の流れを柔軟に取り入れてきたのです。

そんな『ドラえもん』ですが、実は野比家、白黒テレビからカラーテレビへと買い換えるときもゴネていたのをご存知ですか? のび太のママは「カラーテレビは高い」という理由でカラーテレビを買わず、ずっと白黒テレビを使用していたのです。

しかし長年使ってきたためか、白黒テレビの調子が悪くなって映りが悪くなります。ドラえもんとのび太は「ばんざい!! ついにぶっ壊れたぞ」と歓喜し、カラーテレビの購入をママにねだります。しかし、ママは白黒テレビをブン殴って直してしまい、なかなかカラーテレビを買おうとしなかったのです(コミックス第二巻『タイムふろしき』より)。

カラーテレビですら買うのを躊躇していた野比家。はたしてスネ夫の家のように3Dテレビを購入できるのでしょうか? 少なくとも、地デジ化くらいはしてほしいものですね。そもそも、ドラえもんの秘密道具でなんとかなりそうなものですが……。

インターネットユーザーたちは「ドラえもんなら2次元に入れるテレビとPS45とXBOX108000くらい余裕で持ってるだろ」、「コボちゃんの田辺家はいつの間にか液晶に変わってたな」、「ドラえもんがいる時点で100年先取りしてんだろのび太w」、「ドラえもんが出す何とかテレビもだいたい4:3」と、このニュースの感想を語っています。

■最近の記事
トラウマになるほど怖かった『ドラクエ』の名場面シーン
自分の先祖でスゴイ事をしていた人を自慢する「ひいばあちゃんが天皇家の家政婦」
相談女性「30後半なのに彼氏がいないどうしよう」 回答者「大丈夫! 私は40代ですが彼氏いません」