来るか"にゃたりあ"ブーム!?ニコニコ動画でAPヘタリアの枢軸猫たちが歌ってみた!!

写真拡大


 今年度は劇場化もされたAPヘタリア。声優必聴アイテムである「羊でおやすみシリーズ」にも参戦している。正にノリに乗っているジャンルと言えるだろう。

 そんなヘタリア関連動画はニコニコ動画に多数UPされているのだが、にゃたりあ動画とも言うべき歌ってみた動画が上げられた。

【APヘタリア】恐れ入りにゃす、すみにゃせん【歌ってみた】
 その先鋒を切ったのは、日本声真似師のちゅーたつ氏による【APヘタリア】恐れ入りにゃす、すみにゃせん【歌ってみた】である。先月初めに投稿された動画であるが、現時点で再生数7000HITを超える動画となっている。

 内容は本田菊こと、日本のキャラクターソングである「恐れ入ります、すみません」を猫言葉で歌ったというものである。声が本人というコメントも飛んでいる。

【APヘタリア】げるにゃん讃歌【歌ってみた】
 第二弾を務めたのは、ドイツ声真似師のケ口りん氏による【APヘタリア】げるにゃん讃歌【歌ってみた】だ。こちらは今月始めに投稿された動画である。現時点で再生数は2000HITに届きそうなところまで来ている。

 こちらももちろん、内容はルードヴィッヒこと、ドイツのキャラクターソングである「ゲルマン讃歌」を猫言葉で歌ったものになっている。コメントでは「安元」「いや、杉田か」「これは子安じゃないか」「置鮎だとおもうんだが」といった具合に低音声優の名前が飛び交う動画となっている。

 低音好きは迷わず必聴動画だと言えるだろう。

【APヘタリア】はたふってニャレード【歌ってみた】
 一番最後に遅れてきたのはイタリア声真似師の元弥きと氏による【APヘタリア】はたふってニャレード【歌ってみた】だ。これは先週に上げられた動画と成っている。再生数はドイツ猫と同じく2000HITに届きそうな勢いである。

 当然だが、内容はフェリシアーノ・ヴァルガスこと、イタリアがヘタリア World Seriesのエンディング主題歌である「はたふってパレード」を猫言葉で歌う動画となっている。しかし、何度となく人間語と混じりそうになっている危うい動画である。

 コメントは随分と荒ぶっているが、それは元弥きと氏がコミュニティ250人記念枠で行った企画によるものだ。また、この動画は14人の絵師の協力の下に作られた動画となっており、そのイラストを楽しむことも出来る動画となっている。

果たして、これに続く"にゃたりあ"動画は上げられるのか!? タグにギリシャホイホイ動画とは書かれているが、それ以外にもホイホイされしまうリスナーの方も多いのではないだろうか。

 ヘタリアのキャラクターはまだまだいる。是非とも、まだ参戦していないヘタリアキャラの声真似師が続いていっていただきたい。噂ではイギリスやオーストリアが動画制作中であるそうだが、果たして!!

▼外部リンク

ニコニコ動画(9)
ヘタリア×羊でおやすみシリーズVol-1-初回版-浪川大輔
【日本】
生きるちゅーたつを走らす
【ドイツ】
ケ口)たぶんKAITOっぽかったりする人 ♨風呂桶♨
【イタリア】
宇宙一のフッフー トゥットゥーポヘヌィアトゥマゴゥを目指す放送

■関連記事
家賃531万円『ラ・トゥール』
鳥山明先生の作品が読めるのはやっぱりジャンプだけ!!
アイドルグループ『スマイレージ』が握手会で地獄を見る
オカルトアニメ『心霊探偵 八雲』期間限定スペシャルムービーを配信中
『絶体絶命都市4 Summer Memories』公式サイトがOPEN!東京ゲームショウ2010にも出展中