本日開幕した「東京ゲームショウ2010」、大手ゲームメーカーのバンダイナムコゲームスでは「ガンダム無双3」がプレイアブル出展されていました。

詳細は以下から。
ガンダム無双3 | バンダイナムコゲームス公式サイト


「ガンダム無双3」のブース。バンダイナムコゲームスのブース全体の5分の1ほどを占める大きな扱い。


ちなみにブース外側上部のスクリーンでは「劇場版 マクロスF 虚空歌姫〜イツワリノウタヒメ〜」のトレイラーが上映されていたほか、手前には「スーパーロボット大戦L」のプレイアブル出展もあります。



ブース内には「ガンダム無双3」の試遊台がずらり。全部で10台設置されていたようです。


YouTube - TGS2010バンダイナムコブース「ガンダム無双3」試遊風景


この日はビジネスデーですが入れ代わり立ち代わり人が訪れていました。


1人あたりのプレイ時間は10分までとのことです。



メインビジュアル。


メインビジュアルのまわりには歴代シリーズのロゴが。前作「ガンダム無双2」の発売当時にはまだ始まっていなかった「機動戦士ガンダムUC」が今回初参戦なのは当然ですが、1990年代の作品「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」や「機動新世紀ガンダムX」も今回が初参戦とのことです。



初参戦となるモビルスーツたち。


機動戦士ガンダム00」セカンドシーズンに登場するリボーンズガンダム。


同じく「機動戦士ガンダム00」セカンドシーズンに登場するダブルオーライザー。


「機動戦士ガンダムUC」に登場するユニコーンガンダム(デストロイモード)。


新作はビジュアル表現を一新した原作に忠実なバトルシーンが特徴。前作「ガンダム無双2」(上)と「ガンダム無双3」(下)を比べて見るとその差は歴然です。「ガンダム無双3」はキャラクターにセルアニメの手法を取り入れたほか、背景表現もよりリアルになり、光と影、空気感の演出によりキャラクターと背景を融合させているそうです。


タクティカルアクションゲーム「ガンダム無双3」はPS3版・Xbox360版ともに2010年12月発売予定とのことです。

ガンダム無双3 | バンダイナムコゲームス公式サイト
http://gundam-musou.jp/


(C)創通・サンライズ (C)創通・サンライズ・毎日放送

・関連記事
東京ゲームショウ2010開幕、全記事一覧 - GIGAZINE

「ガンダム無双2」宇宙戦と地上戦のプレイアブル高画質ムービー公開 in 東京ゲームショウ2008 - GIGAZINE

本稼働時調整でプレイアブル出展された「機動戦士ガンダム エクストリームバーサス」 - GIGAZINE

記事全文へ