本日から幕張メッセで開催されている世界でも有数の規模を誇るゲーム業界の見本市「東京ゲームショウ2010」において、前作が400万本を超える驚異的な売り上げを記録したカプコンの人気ゲームシリーズ最新作で12月1日発売予定の「モンスターハンターポータブル 3rd」が展示されました。

本日は一般ユーザーが入場できないビジネスデーであるにもかかわらず、試遊希望者が殺到して長蛇の列を作っていたほか、ブースには同作の世界観を生かしたさまざまな演出が施されるなど、ファンの期待を高める内容となっています。

詳細は以下から。
カプコンの「モンスターハンターポータブル 3rd」ブース。


ブースの上には大きな看板があります。


東京ゲームショウ2010の開幕早々、試遊希望者が長蛇の列を作る事態に。


ブースの外側には巨大なディスプレイを設置。


プレイ画面が流れていました。


なんとブースの外側には足湯まであります。


主人公とオトモアイルー。今作からは2匹連れ歩くことが可能です。


さっそくブースの中に入ってみました。


今作の舞台となる、和風テイストの「ユクモ村」をイメージしています。


巨大なタマゴが飾られています。


試遊の光景はこんな感じ。


みんな真剣です。


多人数での試遊も可能。


試遊者にはオリジナルトートバッグがプレゼントされます。


オトモアイルーがプリントされたかわいいうちわも配布中。会場内は少し暑いのでちょうど良いかもしれません。


続いては実際にプレイしている様子をムービーでお届けします。

・次の記事
「モンスターハンターポータブル 3rd」試遊ムービー、新たに画面写真やプロモーション映像も公開 - GIGAZINE


・関連記事
東京ゲームショウ2010全記事一覧まとめ - GIGAZINE

モンハン最新作「モンスターハンターポータブル 3rd」のPV公開、世界観をより深く理解できる内容に - GIGAZINE

本日発表のモンハン最新作「モンスターハンターポータブル 3rd」を徹底解説 - GIGAZINE

記事全文へ