スクエニ「FF13を手元に残しておくと良い事がある」→無かったことになりました。

写真拡大

スクエニ「FF13を手元に残しておくと良い事がある」→無かったことになりました。2009年にファイナルファンタジー13の公式サイトで、「ファイナルファンタジー13を手元に残していただけると、さらにいいことがあるかもしれません。」と掲載されていた件について、 無くなった事が明らかになった。


何が用意されようとしていたのか2009年12月17日に、ファイナルファンタジー13の公式サイトで「ファイナルファンタジー13の世界は、ここからが本当の始まりになります。末永く、手元に残していただけると、さらにいいことがあるかもしれません。それでは、たくさんの感謝の想いをこめて、NEW GAME!」と、ディレクターの鳥山求氏の書き込みがあった。

その件に関し、鳥山氏は「DLCを作る予定があったのですが、その予定がなくなってしまいました。」と語った。
ファイナルファンタジー13


2009年12月17日に、スクウェア・エニックスよりPS3用ソフトとして発売された「ファイナルファンタジー13」。

発売初日で売り上げが100万本を超えるなど、日本国内PS3用ソフト初のミリオンヒットを達成した。また、2010年3月9日にXbox360用「ファイナルファンタジー13」がリリースされ、2010年12月16日には日本国内でXbox360「FINAL FANTASY XIII ULTIMATE HITS INTERNATIONAL」が発売されることも決定した。
是非、作って欲しかったDLC


国内で発売する予定のなかったXbo360用FF13が発売されるのは嬉しいが、作る予定だったDLCが作られなかったことについては、残念でならない。

ライトニングやヴァニラの追加衣装など、需要はあると思うのだが。
 

▼外部リンク
 
スクウェア・エニックス 
ファイナルファンタジー13 


■関連記事
「裸のエプロン!」情報も!ドリームクラブポータブル、PV第2弾公開
あなたの「ダメ人間度」をテストする
あなたの才能引き出します。
あなたは2重人格者?!
祝!スーパーマリオ生誕25周年 特設サイトオープン