1月に経済産業省が公表した、採用意欲があり、人材育成に優れる「雇用創出企業」について、その後の採用状況を調査したところ、807社で9822人の採用が行われたことが分かった。

 「雇用創出企業」として公表した1月22日から8月1日の間の採用状況を聞いたところ、調査に回答した893社の90.4%に当たる807社の企業で9822人の採用実績があった。

 公表後の応募数や採用数の変化については、応募数では51.3%、採用数では37.8%の企業が増加したと回答している。

 回答企業の87.5%、781社の企業が今後も採用を予定している。

【参加無料】 10月13日 『城繁幸氏 特別講演会』開催。予約受付中
34歳以下の正社員採用を実施した事業所は3割
進学も就職もできなかった大卒16%、就職率が下落

日本人材ニュースHRN」は人材採用・人材育成の専門紙。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。