ニコンが新開発CMOSセンサーなどを搭載したデジタル一眼レフカメラ『ニコン D7000』発売へ

写真拡大




ニコンは、高画質・高精細を実現する新開発のCMOSセンサーと新画像処理エンジン『EXPEED 2』を、小型高品位ボディに搭載したニコンDVフォーマットデジタル一眼レフカメラ『ニコン D7000』を10月29日より発売します。同時に、『D7000 18-105 VR レンズキット(AF-S DX NIKKOR 18-105mm、f/3.5-5.6G ED VR 付き)』と『D7000 18-200 VR II レンズキット(AF-S NIKKOR 18-200mm、f/3.5-5.6G ED VR II 付き)』の2種類のレンズキットも発売予定です。

ニコン D7000『D7000』は、小型ボディに線新機能を搭載したDXフォーマットの中級機です。新開発のCMOSセンサーと新画像処理エンジン『EXPEED 2』を搭載。有効画素数は16.2万画素で、高精細な描写と豊かな階調表現が可能です。ISO感度は100〜6400で、Hi2(ISO 25600相当)までの増感設定が可能なため、夕暮れや室内などの暗い場所や動きの速いスポーツシーンでの表現の可能性が広がります。このほかにも、2016分割RGB測光センサー、39点フォーカスポイントのAFシステム、フルハイビジョンに対応した『Dムービー』など、新開発の機能が満載されています。

視野率約100%、約0.94倍の高倍率ファインダーを搭載。ボディは上面・背面カバーにマグネシウム合金を採用し、『D90』と同等の小型ボディでありながら堅牢性を高めました。カメラボディの各接合部にはシーリングを施し、高い防滴・防じん性能も実現しています。サイズはW132×H105×D77mm、重さ約690g、価格はオープンです。
 
 

■関連記事
バリアングル液晶モニタを搭載したキヤノンのデジタル一眼レフ『EOS 60D』
ニコンからプロジェクター内蔵デジタルカメラの新モデル『COOLPIX S1100pj』発売へ
ニコンから『夜撮りキレイテクノロジー』採用デジタルカメラ『COOLPIX S5100』発売へ
手ブレ補正の強化で暗いシーンの手ブレを軽減したリコーの『CX4』
3Dハイビジョン動画が撮影可能なデジタルカメラ『FinePix REAL 3D W3』を富士フイルムから発売へ