キヤノンがハイアマチュア向けコンパクトデジタルカメラの新製品『PowerShot G12』発売へ

写真拡大




キヤノンは、ハイアマチュア向けコンパクトデジタルカメラ『PowerShot G12』を10月中旬より発売します。本製品は、2009年10月に発売した『G11』の優れた基本性能を受け継ぎつつ、静止画・動画のさらなる高画質化を実現した新しいフラッグシップモデルです。

『PowerShot G12』は、ノイズの発生が少ない高感度センサと高い処理能力を誇るキヤノン独自の映像エンジン『DIGIC』を組み合わせた『HS SYSTEM』を採用。夜景や室内などの暗いシーンで手ブレ・被写体ブレ、ノイズを抑え、フラッシュや三脚を使わない手持ちでも、雰囲気ある美しい写真を撮影できます。また、ノイズリダクションテクノロジーのアルゴリズムを見直し、高感度撮影時の解像感をさらに向上。シフトブレを補正するハイブリッドISや、暗部補正・ダイナミックレンジ補正の個別設定機能も搭載しています。

新たにグリップ部に電子ダイヤルを搭載。一眼レフカメラのように、グリップから手を離さずにISO感度や撮影モードなど設定切り替えを素早く行えます。また、撮影の自由度を高めるバリアングル式・広視野角タイプの2.8型『クリアライブ液晶V』モニタ(約46.1万ドット)を装備。スピードライトのEOSシリーズ用のアクセサリーに加え、新たに『フィルターアダプター FA-DC58B(別売)』を設定し、EFレンズ用のフィルター(58mm径)にも対応するなど拡張性も向上しました。

高精細な1280×720(24fps)のハイビジョン動画をステレオ音声で記録可能。ミニチュアモデルのジオラマのように撮影して、再生時には被写体のコミカルな動きを楽しめる“ジオラマ風”動画にも対応しています。HDMIミニコネクタで接続すれば、大画面テレビで映像を楽しむこともできます。総画素数は約1040万画素、サイズはW112.1×76.2×48.3mm、重さ約401g、価格はオープンです。
 
 

■関連記事
バリアングル液晶モニタを搭載したキヤノンのデジタル一眼レフ『EOS 60D』
キヤノンから光学10倍ズームレンズ搭載機で世界最薄のデジタルカメラ『IXY 50S』発売へ
小さくてオシャレで難しくないキレイなデジカメ『IXY DIGITAL510 IS』製品レビュー
一挙6機種を発売!キヤノンのコンパクトデジタルカメラ
9980円! エグゼモードから1420万画素デジカメ『AGFAPHOTO OPTIMA105』発売