IT用語はむずかしい。よくわからない。覚えたときにはもう古い言葉になっていて、新しい言葉がいくつも登場している。IT用語にはそういった印象が付き物です。

 なぜIT用語はむずかしいのでしょうか?

 たとえば「ユビキタス」。

 この言葉を生み出したのは、マーク・ワイザーというIT研究者でした。彼は人々がいつも機器の中に入り込み、バーチャルな世界に没頭している姿を不健全だと感じ、「社会の中にコンピューターをたくさん用意することで、人がコンピューターを持ち歩かなくてもよい世界」を提唱しました。これにユビキタス(神はいたるところに存在するという意味のラテン語をもとにする英語)という名前をつけたのです。

 ユビキタスのもっともすぐれた例は自動改札やETCです。人が手にするのはICカードだけで、社会側に用意されたコンピューターがすべての処理を行ってくれます。ワイザーはバーチャルな世界に没頭する人に「現実世界に戻ろう!」と訴え、携帯電話や電子手帳を閉じて、まわりにある美しい自然に目を向けるべきだと主張しました。

 ところが、デジタル機器をたくさん売りたい業界の人が、このユビキタスという言葉を誤って使いはじめました。「携帯電話、電子手帳、ノートPC、たくさんのデジタル機器をいくつも持ち歩いて、バンバン使うのがユビキタスだ」と訴えはじめたのです。そうアピールすれば、いくつもの商品を買ってくれるだろうと考えたわけです。

 ある学者が、ユビキタスという言葉はわかりづらいので「どこでもコンピューティング」という言い方にしてはどうかと提唱したことがありますが、業界の頭のよい人はそれを拒否しました。ちょっと難しい名前のほうが注目されますし、それが流行だと思い込んで必要のないデジタル機器を買ってしまう人がたくさん出てきてくれるからだそうです。

 こうした事情があるため、IT用語を説明するには、長い前提が必要になってしまいます。それを聞かされるほうは、退屈してしまう上に、結局なんのことだかよくわからないという結果になってしまうのです。




『最近どうもついていけないという人のためのIT入門』
 著者:牧野武文
 出版社:毎日コミュニケーションズ
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
じわっと盛り上がりつつある「zine」って何?〜『Love zine×リバティーンズ』(2010年9月11日22:45)
気鋭の写真家が注目のアジアファッションを語る〜『レスリー・キー』(2010年9月11日15:32)
伊勢丹バイヤーも注目する新ファッション大国はどこ?〜『リバティーンズ マガジン No.3』(2010年9月11日15:05)


■配信元
WEB本の雑誌