キーが光る『ロジクール ワイヤレス イルミネート キーボード K800』

写真拡大

株式会社ロジクールは、バックライトを搭載する『ロジクール ワイヤレス イルミネート キーボード K800』を、2010年10月1日に発売する。

必要なときだけ適切に発光 本製品には、バックライトが内蔵されており、キートップの文字が光るキーボードだ。ライトセンサーとモーションセンサー、2つのセンサーにより、必要なときにだけ、適切な光量で発光するようになっている。

本体に内蔵されたライトセンサーにより、周囲の明るさに応じて最適な明るさにバックライトが調整される。また、モーションセンサーにより、キーボードに手が接近したときだけバックライトが点灯する。

さらに、一定時間使用しないとバックライトを消灯する「インテリジェント バックライトシステム」が搭載されており、一度のフル充電で最大10日間の使用が可能となった。

また、深めのキーストロークにより、疲れにくく快適なタイピングを実現する「PerfectStroke」や、自然なキータッチで、タイプミスを低減させる「インカーブキー」など、キーボード入力にこだわった仕様となっている。

なお、本製品はロジクールUnifyingに対応しており、同梱の超小型Unifyingレシーバーひとつで、対応するワイヤレスマウスやテンキーなど最大6台まで接続することができる。なお、価格はオープンだが、同社の直販サイトでは9,980円(税込)で販売される。


Editor's eyes どのような状況でもキートップの文字が確認しやすい本製品は、キーボードに慣れていない方には便利な製品だろう。また、問題なくタッチタイプができる方にも、入力しやすく、しかも幻想的に光る美しいキーボードとしてお勧めできる製品である。

▼外部リンク

株式会社ロジクール


■関連記事
画像合成を遅延なく〜ソーシャルゲーム向けライブラリ「KGD」提供開始
MSが全身で体感するゲーム「キネクト」の発売日を発表!
ツイートを快適に閲覧できるTwitterクライアント『Tweet Recorder』
USB機器をLANで共有可能にするデバイスサーバー『LDV-2UH』
エレコムがソフトウェアで制御可能な『節電USBハブ』を発売