LED電球「ECOLUX」に100Wタイプなど4機種が新登場

写真拡大

アイリスオーヤマ株式会社は、「ECOLUX」(エコルクス)シリーズの新製品として「100Wタイプ」、「ボール電球タイプ」、「レフランプタイプ」、「ビーム電球タイプ」の4種類を発売した。

多彩な形状の電球をラインアップ 「ECOLUX」は、同社のLED電球ブランドだ。2010年8月6日に発売された「小形電球」と合わせ、一般家庭向けの「ECOLUX」シリーズは全部で9種類18アイテムのラインナップとなった。新製品の概要は以下の通りである。

100Wタイプ
一般的な白熱電球のリプレースを目的とするLED電球だ。消費電力は9.0Wで、明るさは、昼白色相当が620ルーメン、電球色相当が485ルーメンとなっており、従来製品よりも明るさが増している。なお、市場想定価格は7,000円前後が予想される。

ボール電球タイプ
インテリア性が高く、電球が露出するタイプの照明器具で使われるボール電球の互換製品だ。消費電力は9.0Wで、明るさは、昼白色相当が620ルーメン、電球色相当が470ルーメンとなっている。なお、市場想定価格は8,000円前後が予想される。

レフランプタイプ
店舗のスポット照明やリビングのダウンライトなどで使われるレフランプの互換製品だ。消費電力は6.0Wで、明るさは、昼白色相当が365ルーメン、電球色相当が220ルーメンとなっている。なお、市場想定価格は7,000円前後が予想される。

ビーム電球タイプ
店舗のスポット照明などで使用され、専用器具を必要とするビーム電球の互換製品だ。消費電力は12Wで、明るさは、昼白色相当が645ルーメン、電球色相当が520ルーメンとなっている。なお、市場想定価格は11,000円前後が予想される。

Editor's eyes 新製品の発売により「ECOLUX」のバリエーションが一挙に拡大した。これまで、LED化を諦めていた場所でも使える可能性が増えたわけだ。特にスポット照明で使われるレフランプタイプやビーム電球タイプの登場は、ショップのオーナーにとって朗報だろう。

▼外部リンク

アイリスオーヤマ株式会社


■関連記事
画像合成を遅延なく〜ソーシャルゲーム向けライブラリ「KGD」提供開始
MSが全身で体感するゲーム「キネクト」の発売日を発表!
ツイートを快適に閲覧できるTwitterクライアント『Tweet Recorder』
USB機器をLANで共有可能にするデバイスサーバー『LDV-2UH』
エレコムがソフトウェアで制御可能な『節電USBハブ』を発売