モバイル機器に革命!?ワイヤレス給電が開発される

写真拡大


最近の携帯電話は色々な機能を必要以上に詰め込みすぎているせいか、バッテリーの減りも早く、充電しながら操作する携帯電話はまさにエヴァンゲリオン状態。

2010年9月13日(月)付けの富士通のプレスリリースによれば株式会社富士通研究が電源ケーブルを必要としない磁界共鳴方式のワイヤレス給電における、複数のモバイル機器に適応できる送受電デバイス解析・設計技術を開発したと発表。

開発されたこの技術を用いれば電源ケーブルを必要としない給電が可能になるだけでなく、複数のモバイル機器を同時にそして自由な位置での給電も行えるようになるようです。

現在は、思索段階のため実用化にはもう少し時間がかかりそうですが、2015年あたりにはリリースされるのではないかといった見通しもあるようです。

Copyright 1994-2010 FUJITSU


▼外部リンク

富士通 : FUJITSU Japan
高性能・小型化を可能とするワイヤレス給電の解析・設計技術を開発 : 富士通


■関連記事
セガプライズから『新世紀エヴァンゲリオン 白と赤Ver.1.5』・『ヱヴァンゲリヲン新劇場版 エントリープラグ型ドリンク』が登場
気軽にゲーム制作が可能なWEBサービス『ニコゲー』がOPEN
デッドライジング2に新たな切り口。アニメ『サムライデッドライジング』
AKB48をモデルにした想い想われフりフラれなPSPゲーム『AKB1/48 アイドルと恋したら…』
Googleに天才、現る