アクションゲームをプレイすることにより、人は早い判断ができるようになり、その判断の正確さは損なわれないということが、ロチェスター大学の認知科学者たちの研究により明らかになりました。

ビデオゲームなら何でもよいというわけではなく、例えばFPSの「コール オブ デューティ」のような、展開の早いアクションゲームが効果的とのことです。

詳細は以下から。Video Games Lead to Faster Decisions that are No Less Accurate : University of Rochester News

カレントバイオロジー誌に発表される予定の、ロチェスター大学の脳と認知科学の教授Daphne Bavelier博士らによる研究では、アクションゲームに、人の判断を早めるトレーニング効果があることが明らかになりました。

アクションゲームをプレイすることにより、人は周囲で起きていることに対する感覚が鋭くなり、これによりゲームが上達するだけでなく、例えばマルチタスキング・運転・小さな文字を読む・人ごみの中で同伴者を見失わない・道に迷わないなど、日常生活で役立つさまざまなスキルを向上させることにもなるとのことで、Bavelier教授らは実生活のさまざまな状況での反応速度を高めるためアクションゲームが有効なトレーニング法となるだろうと述べています。

実験では、普段ゲームをしないという18歳から25歳の被験者たちを2つのグループに分け、一方には「コール オブ デューティ2」(写真)や「Unreal Tournament」のような展開の早いアクションゲームを、他方には「ザ・シムズ2」のような展開の遅いシミュレーションゲームを、数週間の「トレーニング期間」でそれぞれ50時間プレイしてもらいました。

Photo: University of Rochester

「トレーニング期間」を終えた被験者たちは、判断の早さと正確さを測る複数のタスクを行いました。例えば、「コンピュータ画面を不規則に動き回る多数のドットが、全体の平均としては右に動いているか左に動いているか判断する」といったタスクです。また、アクションゲームのグループとシミュレーションゲームのグループの違いが視覚によるものだけでないことを裏付けるため、聴覚情報のみによる似たようなタスクも実施しました。

Photo: University of Rochester

その結果、アクションゲームを50時間プレイしたグループはシミュレーションゲームのグループと比べ、最大で25%判断が早く、正誤率はシミュレーションゲームのグループと変わらなかったそうです。

Bavelier教授は「アクションゲームのプレイヤーが、むやみに銃を撃ちたがり精度は気にしないタイプになってしまったというわけではありません。精度は変わらないまま、判断が早くなっているのです。アクションゲームのプレイヤーは時間あたりに下せる正確な判断の個数が多く、例えば外科医や兵士にとっては、これはとても重要なことです」

なぜアクションゲームが人の判断速度を鍛えるのかについてBavelier教授は、「判断を下すというのはいつも、白と黒の問題ではありません。脳は常にさまざまな可能性を計算しています。例えば運転中に、右側で何か動くものを見た人は、このまま行くと衝突するコース上にいるか目算し、その可能性に基づき、ブレーキを踏むか踏まないかという二者択一の判断を下しているのです」と説明しています。

視覚や聴覚から得た情報をもとに脳が常にさまざまな可能性を計算し判断を導き出すこの過程を「確率的推論」と呼ぶそうですが、「正確な判断を下すには最低限これだけの情報が必要」という情報量のしきい値が存在します。アクションゲームのプレイヤーの脳は視覚や聴覚から効率的に情報を収集することができ、集めた情報量が判断を下すためのしきい値に達するのが早いため、ゲームをしない人より早い判断ができるとのことです。

・関連記事
プロゲーマーは戦闘機パイロット並みの反射神経とヘビースモーカー並みの肉体を持つ - GIGAZINE

ゲームで頭が良くなる?大脳皮質を厚くするテトリスの効果が明らかに - GIGAZINE

FPSゲーマーが女性を救う - GIGAZINE

脳を活性化させる3つの簡単な方法 - GIGAZINE

女性キャラがかわいい敵を撃ち倒すFPSゲーム「Candy Mountain」 - GIGAZINE

人気FPSゲーム「Modern Warfare 2」を超絶クォリティで再構成したムービー「No Russian」 - GIGAZINE

記事全文へ