ハイヒールで80メートルを全力疾走するだけの簡単な競技です

写真拡大


100メートル走などのトラック競技は0.1秒単位で勝敗が決まる厳しい世界ですが、ヨーロッパのリトアニアで行われた『ハイヒールレース』は、カカトの高さが勝敗を分けたようです。

2010年9月11日(土)リトアニアの首都であるビリニュスを舞台に行われたハイヒールレースは参加者全員がハイヒールを着用した状態で80メートルを走り切るというもの。条件として5センチ以上のハイヒールを着用することが義務付けされましたが、女性は普段から履く機会も多いため慣れた足取りで軽快な走りを見せています。

男性も参加した当レースでは前につんのめりそうになりながら走る人が圧倒的に多かったものの、優勝者は21歳の男性アスリート。タイムは12.5秒と暫定ワールドレコードとして記録と記憶に残る競技になったようです。

次回大会があるのであれば、普段からピンヒールには一家言を持つ、杉本彩さんの出場を期待したいものです。


▼外部リンク

リトアニア - Wikipedia


■関連記事
PS3『テイルズ オブ グレイセス エフ』の発売日が決定。体験版の配信も迫る
けいおん!!のサントラ『K-ON!! ORIGINAL SOUND TRACK Vol.2』がリリース!!
女性誌『FRaU(フラウ)』の表紙をAKB48のあの2人が飾る
荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジのPV公開中
ヤングエース11月号の付録は海洋堂フィギュア『真希波・マリ・イラストリアス プラグスーツver.2』