あの映画もこの映画も全部3D映像に! 2D映像を3Dにするソフト『TOSHIBA VIDEO PLAYER 3D』

写真拡大

東芝は、ダウンロードしてインストールするだけで2D映像を高画質な3D映像に変換してくれるソフト『TOSHIBA VIDEO PLAYER 3D』のダウンロードを9月17日より開始します。ダウンロードは無料ですることができます。このソフトは東芝が発売しているノートパソコン『dynabook TX/98MBL』と『dynabook Satellite AXW/90MW』を対象としたソフトです。対応フォーマットはDVD-Video、DVD-VR、MP4、MPEG-2 TSとなっています。

『TOSHIBA VIDEO PLAYER 3D』は東芝が開発した3D映像変換アルゴリズムと高画質化機能により、2D映像を自然な3D映像にリアルタイムで変換することができます。映画などのDVD、テレビ、ホームビデオなど様々な映像を3D映像で楽しめるようです。2D映像から3D映像に変換するのは4種類の変換機能を使っています。約1400の映像を分析した結果を元に、映像の“構図”から奥行きを算出し、さまざまなシーンに合った立体映像化をする『ベースライン3D』。近景が遠景より見かけの動きが速いというルールを使い、映像の前後をチェックして立体視映像を生成する『モーション3D』。映像の色をベースに深度を解析して、立体視効果を高める『カラー3D』。立体視化した際に残る残像を除去し、よりクリアな立体視映像にする『クロストークリダクション』。これらの技術で高画質な3D映像を再現するようです。

このソフト、『dynabook TX/98MBL』と『dynabook Satellite AXW/90MW』だけに対応していますが、これから先発売する東芝の3Dパソコンにも入っていると思われます。「昔の映画や、テレビも3Dで見たい!」と考えている方は、東芝の3D対応パソコンを購入して、このソフトを使ってみるのはいかがでしょうか。

画像:TOSHIBA『高画質2D→3D変換』(http://www3.toshiba.co.jp/pc/3d/)

■関連記事
『PS3』も可! マウス&キーボードを2台のパソコンやゲーム機で共有できるスイッチ
ロジクールからワンタッチキー搭載スタンダードキーボード『K200』発売へ
『iPhone/iPad』に最適! エレコムからBluetooth対応フルキーボード2機種発売へ
好きな色に光らせて使えるプログラマブルキーボードがパワーアップ! 『LUXEED raMa』
【GIFTEX2010】木の風合いを楽しむ『Hacoa』のPCアクセサリー