現在ゲーム業界を悩ませている存在が、違法コピーしたソフトウェアを利用するユーザーの増加。

とりわけ任天堂の携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」は世界的に見ても高い人気を誇るだけあってか、コピーしたゲームをプレイできるようになる「マジコン」と呼ばれる機器が普及しており、任天堂やソフトウェアメーカー54社が販売業者を相手取って訴訟に踏み切るといった事態にまで発展していますが、任天堂が新たに提供したファームウェアによって、マジコンが動作しないようになったことが明らかになりました。

なお、上記画像は東京の電気店街・秋葉原にあったマジコンショップのものです。

詳細は以下から。
Nintendo DSi Firmware Update 1.4.1U Blocks Most Flash Cartridges ? SoftSailor

この記事によると、任天堂が新たに携帯ゲーム機「ニンテンドーDSi」および「ニンテンドーDSi LL」に対して、約1年以上ぶりとなるファームウェアのアップデートを提供したそうです。

最新バージョンのファームウェアは「1.4.1」で、任天堂は主な変更点について「動作品質を改善しました」と解説していますが、このアップデートによって「Acekard 2i」や「DSTT」といったマジコン5機種が動作不能に陥ったとのこと。

ちなみに任天堂の公式ページでは「任天堂がサポートしていない周辺機器」や「通常の使用方法以外の方法で作成されたセーブデータや、任天堂がサポートしていないデータ等」について、データが削除される場合があることや、修理や保証の対象外となることを以下のように明記しています。

本体の更新は、ニンテンドーDSi/DSi LL本体が正常な状態でのみ実行してください。ニンテンドーDSi/DSi LL本体を改造したり、任天堂がサポートしていない周辺機器やソフトウェアを使用した場合、本体の更新でニンテンドーDSi/DSi LL本体が動作しなくなる恐れがあります。
また、通常の使用方法以外の方法で作成されたセーブデータや、任天堂がサポートしていないデータ等がニンテンドーDSi/DSi LL本体内にある場合は、お客さまのニンテンドーDSi/DSi LL本体の故障の原因となるだけでなく、安心してご使用いただけなくなる恐れがあるため、そのようなデータ等が自動的に除去される場合があります。

これらの異常な状態での本体の更新は、動作を保証しないだけでなく、修理や保証の対象外となります。

9月18日(土)には約4年ぶりとなる人気シリーズ完全新作「ポケットモンスター ブラック」と「ポケットモンスター ホワイト」の発売を控えているため、いち早く手を打ったということなのでしょうか。

・関連記事
ニンテンドー3DSは年内発売濃厚か、年末商戦でロケットスタートの可能性も - GIGAZINE

「法律上問題ない」と断言する秋葉原のマジコン販売事情を徹底レポート、B-CASカードの販売も - GIGAZINE

今度は「マジコンビル」が登場、巨大な看板を掲げて堂々と営業開始へ - GIGAZINE

「マジコン自販機」がようやく営業終了、しかしマジコン販売店は店名を変えて営業続行 - GIGAZINE

「マジコンの自動販売機」を大阪の電気店街日本橋で発見しました - GIGAZINE

記事全文へ