全長8mのニシキヘビを使用した染色アート『はみ出しウロコiPadシェルケース』

写真拡大




マーユ(MAYUMI HASEGAWA)は、全長8mのダイヤモンドパイソン(ニシキヘビ)の革に特殊な染色と加工を加え、ウロコをシェルからはみ出させた『はみ出しウロコiPadシェルケース』を発表しました。世界でただひとつだけの存在感あふれる『iPad』用ケースで、価格はなんと7万8000円(税込み)。現在、同社ウェブサイトにてオーダーを受け付けています。

『はみ出しウロコiPadシェルケース』は、『iPad』全体を大蛇の革で包み込み、ウロコの大きさでヘビそのものを実感できるシェルカバー。マーユでは、これまでもクロコダイルや蛇など特殊な革素材を用いた『iPhone』や『iPad』用のケースを発売していますが、今回はワシントン条約で輸入が難しく、稀少なダイヤモンドパイソンの革を使用。もはや芸術の域に達しています。

はみ出しウロコiPadシェルケース染色は、独特の金色をペーストしたうえに茶色のグラデーションと銀で彩色し、全体にゴールドのラメを埋め込んでいます。ウロコは使用するうちに落ち着いてくるので、めくれても取れてしまうことはありません。内側には強化プラスチックを使用し、『iPad』にぴったり装着可能。手に持った時も革の摩擦で滑りにくく持ちやすいケースです。

キズや衝撃から『iPad』を保護するためのケースが多いなか、こちらは『iPad』を芸術的に楽しむためのケースというところでしょうか。大蛇に『iPad』を丸飲みさせたい方は、世界でただひとつしかないケースですのでお早めにオーダーを。
 
 

■関連記事
こんな使い方もアリ!? 『iPad』を車のヘッドレストに取り付ける『iPad CAR MOUNT KIT』
『iPad』やネットブックに! スタイリッシュなショルダーバッグ『Finatex Extra Small』
『iPad』を立てかけて使える折りたたみ式のスタンド
『iPad/iPhone』の映像をハイビジョン映像にするビデオプロセッサー『HDS-720』発売
『iPad』を保護するケースや液晶フィルムを3点セットで!『iPad用ファーストキット』