【アニメの歴史特集】第1回「日本の深夜アニメ」仙人部落

写真拡大

日本初の深夜アニメ作品!日本で製作された最初のTVアニメシリーズは何か?という問いの解答は諸説ありますが(一般には「鉄腕アトム」が有名ですが「インスタント・ヒストリー」「おとぎマンガカレンダー」のほうが時期的には早いです。TVアニメシリーズの定義にもよると考えられます。)、日本初の深夜アニメは?という問いの解答は比較的明確です(これも深夜アニメの定義にもよりますけど)。

その深夜アニメのタイトルは「仙人部落」。昭和38年9月4日からアニメ制作をTCJ(現 株式会社エイケン)が担当し、フジテレビで放映され、日本初の深夜アニメとして静かな人気を博しました。今回は「仙人部落」をご紹介いたします。

※なお、原作漫画版「仙人部落」(作者 小島功)は週刊アサヒ芸能で昭和31年連載開始から平成22年現在でも約54年間も連載が継続しており、長期連載世界一の漫画でもあります。また、実写映画版も制作されております。
「仙人部落」とは?
「仙人部落」とは中国のとある奥地に住む仙人と仙女と仙人の弟子が繰り広げるドタバタ系でちょっとエッチな日常を描いた作品です。ちなみにアニメ版で声優界の大御所、永井一郎さん(「サザエさん」の波平でも有名です)のアニメデビュー作でもあります。
近年放映されている深夜アニメは多数ありますが、「仙人部落」はそれらとは一線を画した作品内容です。
画像こそモノクロですが、この内容が昭和38年当時に地上波で放映していたとすると極めて画期的です。というのも当時TVアニメシリーズ自体が「鉄腕アトム」くらいしか無い状態で既にアダルトアニメ(というにはかなり強引ですが)を規制無しで放映していたフジテレビの英断は流石です。

個人的には「仙人部落」第二期を期待したいところです!


▼外部リンク

仙人部落公式HP
仙人部落 アニメ版紹介HP
仙人部落漫画版紹介ページ
仙人部落アニメ版資料HP
風流滑稽譚 仙人部落 映画版紹介HP

■関連記事
「やおい」の語源から漫画家坂田靖子を考える。
DS『ポケットモンスターブラック・ホワイト』の予約受付がアマゾンで再開
眠らないダンジョン
死刑囚獄中ブログについて考える。
さくらんぼ小学校の名称問題に関して『私はカマを掘られた被害者である』