蒼国来は身長186センチ、体重130キロ、フルネームは蒼国来栄吉という。12歳のときに両親のもとを離れ、フフホト市でフリースタイル・レスリングを学んだ。日本語をまったく話せない状態で来日したが、いまでは流暢に話す。それに食文化の違いを乗り越えて、体重は入門時から40キロ増えて130キロになった。

 「初めは日本食に馴染めず苦労しました。相撲部屋の食卓にはいつも納豆や魚が並んでいたのですが、私の故郷には海がないものですから、海の魚を食べたことがなかったのです。でも、いまはまったく問題ありません。こうした食事に慣れたどころか、大好きになりました」と話す。もちろんいまでも苦手なものはある。「こんにゃくはあまり好きではありません。味がなくて。私たち力士は毎日たくさんの食事を食べますが、これは必要なことです。毎日5食以上、チーズ類や果物、牛肉や羊肉、合わせて数キロ食べています」

 ■恋人探しはまだ先

 来日して6年余り、26歳になった。まだ恋人はいない。部屋には、良い成績を収めるまで恋愛はお預けという決まりがある。関取に昇進してからは管理が少しゆるくなり、大分自由になった。今度幕内力士になったことで、この方面の締め付けはさらにゆるくなったが、蒼国来本人はまだそのつもりはないと話す。「まだ相撲に専念しなければなりませんから」

 注目すべきは、入門してからすべてのエネルギーを相撲で良い成績を上げることに費やしているわけではないことだ。日本各地の福祉施設の訪問にも熱心で、孤独なお年寄りと真心をもって交流し、お年寄りたちに絶大な人気を誇る。日本のメディアはこれについて、「スポーツと公益事業は切り離すことができないもの」と指摘する。人気のあるスポーツ選手は多くの人から崇拝のまなざしを向けられ、あこがれの的となって、その言うこと為すこと、一挙一動が大きな影響を持つ。海外の中国人にとってこれは非常に誇らしいことである。

 蒼国来はこれまで自分の国籍を変えようと考えたことはない。「中国人力士」という呼び方でマスコミから呼ばれるのが好きなのだという。今回の昇進は、スキャンダルまみれの角界を背景に起こったことである。共同通信は、「野球賭博関与で名古屋場所を謹慎休場した幕内力士6人全員が十両に陥落した」と伝えた。

 実際、6月中旬から日本の国技である相撲は史上最大の危機に直面している。大関琴光喜の野球賭博関与が明るみになっただけでなく、暴力団との関係も問題になって、相次いで76人の力士や親方が賭博への関与を認めた。このスキャンダルによってNHKは数十年続いていた大相撲の生中継を中止。今回のスキャンダルは角界の上から下へと広がったもので、協会上層部や上位の力士が問題を起こし、相撲を救えるのは数多くの相撲ファンだけである。

 こうした状況の中、蒼国来は外国人力士として、自らの努力で幕内に昇進し、ある程度の発言権を得た。これは中国人力士の日本での活躍にとって朗報である。また、信用危機に陥っている角界を救うためにも大きな意義がある。蒼国来は、「ともに努力すれば、相撲には必ず明るい未来があると信じています」と語る。(おわり 編集担当:米原裕子)



■最新記事
初の中国人幕内力士「相撲には必ず明るい未来がある」(1)
暴力団関係者のビル使用で、松ケ根親方を降格処分へ
告別式に約600人、「土俵の鬼」に最後の別れ
放駒理事長も故人しのぶ、花田勝治氏の通夜、若貴参列
故花田氏を白鵬ら迎える、土俵の鬼、国技館に別れ