ヤフオクに漫画42000冊が即決価格420万円で出品されている件

写真拡大

インターネットオークション『Yahoo!オークション』(以下、ヤフオク)に、漫画の単行本が42000冊も出品されて話題を呼んでいます。即決価格は420万円で、スタート価格は330万円となっています。どこの誰が、どんな理由でこんなに多くの漫画を出品したのでしょうか?

商品説明には、「3月31日まで漫画喫茶を経営いたしておりませんがこの度お店を閉店となりました。2010年3/31まで新刊は全てそろっております」と書かれていました。ちょっと日本語が変ですが、3月31日まで営業していた漫画喫茶を閉店したので、そこで使っていた漫画を売りたいという事でしょうか?

本棚ごとセットにして受け渡すとしています。つまり、これから漫画喫茶をやりたいという人にとっては嬉しい出品物と言えるかもしれません。もしスタート価格で落札した場合、漫画1冊78円50銭ということになります。即決価格で落札した場合は、1冊100円ですね。

この価格が高いか安いかは判断できませんが、少なくともまとまった数の漫画を一度にそろえたい人にとっては嬉しい出品物だと思われます。しかし、残念ながら2010年9月12日午前3時現在、誰も入札していません。やはり、金額が大きいので慎重になっているのでしょうか?

『2ちゃんねる』まとめブログの『ハムスター速報』には、「しかし安いのか高いのかよくわからんな」、「SUGEEEEEEEEEEEE」、「全部汚れが無かったら個人でも買う奴いるかもな」、「これ送料いくらかかるのwww」という感想が掲載されていました。

ちなみに発送は鳥取県からで、配送に4トントラックを使えば一気に運び出せるようです。はたして落札する人が出現するのでしょうか? そうカンタンに入札はできないでしょうが、落札終了まで目が離せないオークションですね。

画像: Yahoo!オークションより引用掲載

■最近の記事
Xbox360版『FF13』のCMにPS3版の映像を使いCM放送停止!
トラウマになるほど怖かった『ドラクエ』の名場面シーン
相談女性「30後半なのに彼氏がいないどうしよう」 回答者「大丈夫! 私は40代ですが彼氏いません」