9月10日に発売された『リバティーンズ vol.3』で、スーパーモデル・TAOが表紙とロング・インタビューに登場している。表紙、及び特集を撮影したのは、今、ファッション界をリードし続ける写真家・レスリー・キー(LESLIE KEE)。

 「Asian Fashion Now アジアがファッションの中心です」という特集タイトルのもと、前半は、ジェイソン・ウー、フィリップ・リム、シーム・マガジン発行人ら、ニューヨーク在住のアジアン・ファッション関係者を現地取材。後半は「Asian Fashion Journal 流行はアジアでつくられる」と題し、資生堂の中国戦略や、驚くべきスピードで成長する中国ブランド『ME&CITY』、近ごろ東京で話題を呼んでいる韓国ブランド『fleamadonna』など、アジア各国におけるファッションの"いま"をレポートしている。

 これを受けて、9月19日に秋葉原のアート・スポット「3331 Arts Chiyoda」の1階イベントスペースで、レスリーと、ファッション・サイト「MODE PRESS」の岩田奈那氏によるトークイベントが開催される。

 レスリーは、1971年にシンガポールで生まれ、現在東京を拠点に活動中。10代の頃から日本の文化や音楽に興味を持ち、独学で日本語を学び始め、中学を卒業するとバックパッカーとして世界中を旅行し、91年に初来日。そして、シンガポールでの2年間の兵役を終え再来日を果たし、95年に東京ビジュアルアーツに入学。同校を卒業後の98年にフォトグラファーとしてデビューした。これまでに、

「VOGUE TAIWAN」の表紙(99年)
資生堂、23区、ユニクロ等の企業広告(00年)
浜崎あゆみのシングル・アルバムジャケット(02年)
松任谷由美のセルフカバーアルバムのジャケット(03年)
雑誌「SUPER」の立ち上げ(04年)
倖田來未の写真集(06年)
640ページのハードカバー写真集「SUPER STARS BY LESLIE KEE」(06年)

など、様々な作品を世に送り出している。

 『リバティーンズ』共同編集長・菅付雅信氏の司会のもと、レスリーと岩田氏が、アジアのファッションとカルチャーの行方について語る今回のイベントは、レスリーの生声を聞ける貴重な機会。

 トークイベントは9月19日の17:00〜18:30まで。入場料は1500円。限定80席。会場では、レスリーが1000人の東京の有名人を撮影した写真集「SUPER TOKYO」の発売もサイン付きで行う予定(定価15,750円、現金のみ扱い)。

 参加の申し込みは下記メールアドレスで受け付ける。
 kohara@ohtabooks.com 

 詳細についての問い合わせは、太田出版(TEL 03-3359-6281)まで。







■ 関連記事
マーク・ジェイコブスがNYに書店オープン〜『Bookmarc』(2010年9月9日11:47)
星一徹はちゃぶ台を何回ひっくり返した?〜『このツイートは覚えておかなくちゃ。』(2010年9月8日23:47)
浅田真央が表紙のWWD、即完売〜『WWD for Japan 2010 秋号』(2010年9月8日16:57)


■配信元
WEB本の雑誌