羽田の秘密スポットに潜入しちゃおう!新管制塔ツアーも開催

写真拡大

ことし10月に、いよいよ羽田から本格的に国際線がテイクオフ! 店舗が充実したターミナルのほか、新滑走路や新管制塔もでき、早くも盛り上がりを見せている。そんな新滑走路を、いち早く体験する方法があるという。9月11日(土)・12日(日)に開催される、「空の日フェスティバル2010」内のイベント「羽田グルーバルエキスポ」だ。

【写真】新しい国際線用滑走路へも行ける!ひと足先に楽しんで(滑走路ほかイベント写真はコチラ)

この「D滑走路見学バスツアー」は、イベントが開催される各日500人までが、D滑走路の見学ができる。残念ながら滑走路に実際に降り立つことはできないが、約2500mの滑走路をバスで走って見学する約1時間のコース。整理券を各日ともに10時から配布するので、ぜひともゲットして(配布場所未定)。

また、羽田の新ランドマーク・管制塔に入れるツアーも。115.7mの新管制塔は、なんと管制塔としては世界3位の高さを誇る。普段は入れない管制塔の内部に潜入し、360度の角度で外を見学できるほか、管制官OBから詳しい説明も。先着500人のツアーで、予約は当日10時から第1旅客ターミナル地下1階月の塔で受付開始。人気ツアーなので早めに行こう。

そのほか、新国際線屋外駐車場では、タイラーメンやロコモコ丼など世界の食事をワゴンスタイルで販売する「ワールド屋台」や、フラガールなどが踊るグローバルなステージが展開される「スウィング アラウンド ザ ワールド」など、食やイベントも充実。各ターミナルで異なるイベントを行っているので、くまなくチェックしてまわって。

国際線開業で、盛り上がること間違いナシの羽田。いまだからこそ特別で楽しい、“社会科見学”気分を味わってみて!【詳細は東京ウォーカー9/7発売号に掲載】

【関連記事】
30年分のガンプラが勢ぞろい! ファン待望のガンダム展開催 (東京ウォーカー)
ついに400メートル超え! スカイツリー内部に潜入! (東京ウォーカー)
最高時速160km!国内最速の「新型スカイライナー」に乗ってみた (東京ウォーカー(全国版))
44mの平城宮が再現!奈良「平城遷都1300年祭」がアツい (関西ウォーカー)
焼肉のタレを作る噂の宮殿! 愛媛の“宮殿工場”に潜入 (東京ウォーカー(全国版))