政府では円高やデフレへの緊急経済対策として「新成長戦略実現に向けた3段構えの経済対策」を9月10日(金)に閣議決定、「消費の基盤づくり」を目的に、景気下支え効果が大きい環境関連の家計需要支援策である住宅エコポイント制度の延長を決めた。
制度の延長は平成23年12月31日まで。予算規模は1400億円。