風景写真をミニチュアの様に見せるテクニック ジオラマみたいで格好いい画像に変身!

写真拡大




今回は屋外で撮影した写真をミニチュア風にするテクニックを紹介したい。このテクニックを使えば高価な煽りレンズなどをそろえることなくそれらしい絵が作れる。まず素材として記者が撮影してきた豊洲の写真だ。撮影は一眼レフカメラにて。

使用ソフトはなんでも良いが、今回はメジャーな『Adobe PhotoShop』を使用。ボカシ機能や選択範囲のあるレタッチソフトならほかのソフトで代用しても良い。

(1)強調したい場所を決める
まず最初に強調したい場所を選択しよう。選択範囲ツールを使い横長に選択すれば良い。
元の画像
選択範囲を決める

(2)選択範囲を反転
お次は選択範囲を反転だ。メニューから「選択範囲」-「選択範囲の反転」(shift+Ctrl+I)を選び選択範囲を反転させる。すると上下に分かれた選択範囲になるはずだ。
以下の赤い部分が選択範囲の箇所。分かり易くしてみた。
選択範囲の反転
選択した箇所をわかりやすく

(3)境界線をぼかす
お次は選択範囲の境界線をぼかそう。メニューから「選択範囲」-「境界をぼかす」(Alt+Ctrl+D)を選択。ぼかす範囲のダイアログが出てくるのでピクセル数は画像のサイズによって変えて欲しい。大きい方がほわーっとしたボケかたになる。
境界線をぼかす
ぼかす値

(4)ぼかし
メニューの「フィルタ」-「ぼかし」-「ぼかし(ガウス)」を選択。するとボケ具合を調整出来るので適度なぼかしにしてOKを押そう。
最終工程 フィルタ-ぼかし(ガウス)
ぼかし(ガウス)


(5)完成!
ミニチュア風画像に加工
これでミニチュア風な写真のできあがりだ。これにシャープフィルタなどを使うとさらにミニチュア風に見えるかもしれない。今回のやり方はあくまで私のやり方。ほかにも面白いやり方があるかもしれないので、やりやすい方法で試して欲しい。

また今回は『Adobe PhotoShop』だったが機会があれば別のソフトウェアでも紹介したいと思う。

※写真撮影:ソル

全ての画像が表示されない方はこちらからご覧ください。

今すぐこのテクニックを試したい方は、こちらより素材をダウンロードして試してみて欲しい。


■関連記事
マジコンでポケモン大会に出場できず参加賞ももらえなかった! 親が激怒し賠償金を要求
韓国の日本語ラップが馬鹿ウケで話題! 「ありがとうごじゃいます」
Twitterの世界では自分よりフォロワーの数が多い人には敬語で話すのがマナー? そんな発言が話題に
何回見ても分からない人にはわからない動画 「白チームが何回パスしてるか数えろ!」
“一人飯”で有名なキアヌ・リーブスが今度は一人で誕生日を祝う!
東海道線で西へ向かうと立ち食いそばはどこから薄味に変わるのか? Twitterで話題に