新しい乾麺タイプの『ラ王』を早速食べてみた 生麺派のオレが食す!

写真拡大




日清食品が早速復活させた新『ラ王』。今度の『ラ王』は以前の生麺とは異なり、乾麺になっている。いわゆる普通のカップラーメンと同じ部類になる。『ラ王』と言えば生麺のコシのある麺に作るのが面倒な工程、そして少ない量ながらも高い値段設定が魅力だった。

今回はそんな『ラ王』の魅力をそぎ落とし乾麺になり復活。果たして乾麺でも『ラ王』の味は変わらないのだろうか。早速ガジェット通信編集部で食べてみたぞ。

デリシャスフォトレビューということで写真と文章で紹介していくぞ。
※全ての写真が表示されない方はこちらからどうぞ

これが買ってきた新『ラ王』だ。器は以前の丸形とは異なり八角形になっている。お店でも目立つ。味は醤油味と味噌味がある。今回は醤油味を試食。
新『ラ王』

調理方法も当然ながら乾麺になり異なっている。以前のように湯せんする必要はない。
調理方法

標準栄養成分表

そしてこちらが内容物だ。粉末スープと液体スープはお湯を入れて5分後に後から入れる。
内容物

かやくを入れて早速お湯を注ごう! この時点で以前の『ラ王』とは工程が異なる。
湯を注ごう!

お湯を注いだら5分待つ。上に液体スープを乗せて待つのは公式なやりかたなのか?
5分待つ

5分経ったら粉末と液体スープを入れる。スープは以前よりもかなり液状になっておりドロドロ感がなくなった。
粉末と液体スープを入れる
入れた


完成! 見た目は以前の『ラ王』に近い。
完成

そんなわけで試食開始だ。先ほどから書いているように、麺が変わったとのことなので、早速麺の具合を見てみることにした。

見ただけではあまり違いはわからない。生麺と乾麺だとかなり見た目も違うはずなのだが。これは実際に食べてみるしかないようだ。
麺の調査

では早速食べてみることに。試食しているのはブラジル代表。『ラ王』はあまり食べ慣れていないとのことで、違いがわからないらしい。
社長が食べてみる
社長が食べてみる

お次に登場したのが、その弟の周二郎。「ハフ!ハフハフ!」とか言いながら食ってた。ちなみに周二郎はダイエット企画中。
社長の弟も食べてみる
社長の弟も食べてみる

みんな『ラ王』の味に疎(うと)いと言うので、過去に何十回も『ラ王』を食べてきた私が参戦。

麺についてだが、生麺を食べ慣れている人は違和感を感じる程違う。これは乾麺が悪いというわけではなく、違和感があるという意味だ。慣れが必要なのかもしれないが、これはこれでありなのだろう。しかし個人的には、こしのある生麺の方が好みだ。

スープに関してはほぼ同じだ。具にもやしが追加されたくらいだろうか。

今回のレビューは新『ラ王』だけ食べても分かりづらいと思うので、緊急で旧『ラ王』との比較も行いたいと思う。こちらは明日にお届けしたい。また今回紹介できなかった味噌味も同時にレビューしたいと思う。

みんなは生がお好き?

※全ての写真が表示されない方はこちらからどうぞ
http://getnews.jp/archives/76080

■関連記事
韓国の日本語ラップが馬鹿ウケで話題! 「ありがとうごじゃいます」
Twitterの世界では自分よりフォロワーの数が多い人には敬語で話すのがマナー? そんな発言が話題に
何回見ても分からない人にはわからない動画 「白チームが何回パスしてるか数えろ!」
“一人飯”で有名なキアヌ・リーブスが今度は一人で誕生日を祝う!
東海道線で西へ向かうと立ち食いそばはどこから薄味に変わるのか? Twitterで話題に
NHK受信料の不思議! アンテナを置くだけでお金を取られる?