Xbox360 弾幕系STG『怒首領蜂 大復活Ver1.51』が予約受付スタート

写真拡大


ファミコンの名作ゲーム『スターソルジャー』や『スターフォース』で、他の追随を許さない自慢の16連射と敵の出現パターンを見切った的確なポジショニングによるニュータイプなスキルを如何なく発揮していたハドソンの顔である高橋名人いわく、弾幕系のシューティングゲームは敵をシュートするのではなく避けるゲームになってしまっていると、近年のシューティングゲームに対して独自の一家言を投じています。

その弾幕系シューティングの走りにして代名詞といえばケイブからリリースされている『首領蜂(ドンパチ)』シリーズ。2008年にアーケードゲームとして全国のゲームセンターなどで稼動していた"怒首領蜂 大復活"が『怒首領蜂 大復活Ver1.51』として2010年11月25日にXbox360用ソフトとしてリリース予定。

予約の受付もスタートしている怒首領蜂 大復活Ver1.51は、初回限定版も発売予定。アレンジサウンドトラックCDや『ケイブ祭り特別Ver. 怒首領蜂 大復活 Ver1.51』ダウンロードコードトークンカードが同梱するほか、ジャケットには緒方剛志さん描き下ろしパッケージが採用されます。

弾幕系は見るからに難しいそうな印象を持ってしまいがちですが、初心者に配慮したノービスモードも搭載されているため腕前に自身がない方でも遊ぶことができます。デザイン性の高い弾幕は一見の価値アリです。

価格は初回限定版9,240円。通常版7,140円です。

Xbox 360「怒首領蜂大復活」PV



▼外部リンク

Xbox 360「怒首領蜂大復活 Ver1.5」
怒首領蜂大復活 - 株式会社ケイブ -
怒首領蜂 大復活(初回限定版


■関連記事
言葉責めしてくれるPC!? 『オオカミさんと七人の仲間たち ネットブック/VN-OKAMISAN/7HP-N550502G/KOF』受注スタート!
本日、けいおん!最終回!
『ボタン型ビデオカメラ3』が再入荷
PS3/Xbox360に続きPC版も予約スタート『デッドライジング2』
卑猥な名前の小学校!?『さくらんぼ小学校』に反対の声多数