ツイートを快適に閲覧できるTwitterクライアント『Tweet Recorder』

写真拡大

株式会社イーフロンティアは、専用サーバによりツイートを取りこぼすことがないTwitterクライアント『Tweet Recorder』を、2010年10月8日に発売する。

専用サーバとの連携で快適な閲覧を実現 『Tweet Recorder』は、従来のTwitterクライアントにおいて問題となっていた、閲覧ツイート数の制限による使いにくさを解消したTwitterクライアントだ。本製品は専用サーバと連携することで、すべてのツイートを保存することができるのだ。

このため、ユーザーがフォローしているすべてのツイートを、確実に閲覧・検索できる。また、専用サーバはクライアントが起動していない間もツイートを収集し続けるため、読み損ねる心配がないのだ。

インターフェースは、メールクライアント風のデザインとなっており、すぐに操作を修得することができる。また、画像のアップロードや、位置情報からの地図表示など、便利な機能も用意されている。

製品には、パッケージ版とダウンロード版の2つが用意されている。パッケージ版(専用サーバ使用権18か月分付属)が4,980円(税込)、ダウンロード版(専用サーバ使用権12か月分付属)が3,480円(税込)となっている。


Editor's eyes 現在、同社のWebでは本ソフトの「先行公開キャンペーン版」が無償配布されている。10月7日までの期間限定バージョンだが、専用サーバ使用権の購入により製品版として使い続けることができるのだ。専用サーバ使用権の価格もお得になっている。Twitterのヘビーユーザなら、要チェックのソフトである。

▼外部リンク

株式会社イーフロンティア
詳細ページ


■関連記事
エレコムがソフトウェアで制御可能な『節電USBハブ』を発売
ソニーがコンパクトで省エネな「ブラビア」EX710シリーズを発売
1組のマウス・キーボードを2台のPCで使える「KMスイッチ」
ソニーがPCゲーム向けのサラウンド対応ヘッドセットを発売
USB接続のフレキシブル型マイクロスコープ『秀スコープSuper』