USB機器をLANで共有可能にするデバイスサーバー『LDV-2UH』

写真拡大

株式会社バッファローは、USB機器をネットワークで使用可能にするデバイスサーバー『LDV-2UH』を、2010年10月上旬に発売する。

さまざまなUSB機器をネットワーク化 『LDV-2UH』は、直接PCに接続する必要のあるUSB機器を、ネットワークを通してLANで使用できるようにするデバイスサーバーだ。USBインターフェースは2ポート用意されており、さまざまなUSB機器をネットワーク化することができる。

例えばUSBプリンタを本製品に接続すれば、ネットワーク対応プリンタへと早変わりする。ただし、双方向通信が必須のプリンタでは使えない可能性がある。詳しくは動作確認機器リストを確認して欲しい。

また、無線LANと併用することで、さらに活用は広がる。例えば、同社の地デジチューナーは本製品に対応しているため、チューナー本体を電波状況の良い場所にセットすれば、家中どこでもワイヤレスで地デジ放送が楽しめるのだ。

複数のUSB機器を取り替えながら使っている場合にも本製品は有効だ。必要なUSB機器を『LDV-2UH』に接続しておけば、LANにログオンするだけでUSB機器も即使用可能となるのだ。

本体サイズはW50mm×H28mm×D100mmで、重量は約96gだ。電源にはACアダプタを使用する。なお、価格は7,400円となっている。

Editor's eyes 余ったUSBメモリを接続してNASに仕立てるのも良さそうだ。ちょっと考えるだけでも、面白い使い方がいろいろと浮かんでくるデバイスである。しかし、すべてのUSB機器が動作するわけではない点に注意して欲しい。

▼外部リンク

株式会社バッファロー
リリース


■関連記事
エレコムがソフトウェアで制御可能な『節電USBハブ』を発売
ソニーがコンパクトで省エネな「ブラビア」EX710シリーズを発売
1組のマウス・キーボードを2台のPCで使える「KMスイッチ」
ソニーがPCゲーム向けのサラウンド対応ヘッドセットを発売
貸会議室のTKP、企業向けレンタル事業開始