XboX360版「ファイナルファンタジーXIII」発売決定 しかし、ファンの心境は複雑

写真拡大

PS3独占タイトルという話は嘘だった?スクウェア・エニックスが、Xbox360で「FINAL FANTASY XIII」を発売するニュースが飛び込んできた。発売日は2010年の12月16日。価格は4,980円(税込)。

スクエニの2大看板作品の一つ「FFシリーズ」の最新作であり、全世界で580万本という売上を誇る今作だが、日本ではPS3版しか発売されていない。

それが今回の発表でXbox360版が発売するということなのだが、このニュースに怒っているファンも多いであろう。なぜなら、明らかにスクエニのユーザーに対する裏切り行為であるからだ。

スクエニは日本ではPS3版しか出さないと断言していた

PS3でしか出さないということで、PS3と「FINAL FANTASY XIII」を購入したFFファンは多い。PS3と今作がセットになった限定版が発売されていたのだが、予約の時点で品切れの続出のニュースが出るほどだった。FFファンが最新作を楽しみにしていた現れであろう。

そして、発売されてからは、日本ではわずか一週間で100万本以上の売上を誇り、一本道、ストーリーの評価など、賛否両論の一面もあるのだが、戦闘システムは好評で多くのユーザーを魅了させた。

そして、海外ではXbox360版も発売されるというニュースが発表されたり、ダウンロードコンテンツの販売なども一時噂になった。結局、ダウンロードコンテンツの販売がなかったのは残念であった。

そのようなキラーソフトであり、スクウェア・エニックスとしては、Xbox360版を海外で発売していることもあり、それを国内用に持ってくるだけでいいわけだ。

ネットでは批判の声が飛び交う

先ほども述べた通り、PS3本体の売上に大きく貢献したタイトルをファンを裏切って出すと言うのはどうだろうか。ネットでは、批判の声が出ており、和田社長のツイッターにもそのようなコメントが飛び交っている。

また過去にPS3だけで出しますと開発者がコメントしていたことも覚えているユーザーも多い。

この裏切り行為がユーザーにどのような心境を招くのか、大きな問題にならなければ良いのだが。

▼外部リンク

詳細ページ


■関連記事
【Kinect】バンダイナムコゲームスより『体で答える新しい脳トレ』発売決定
戦国BASARA3、出荷本数50万本を突破
【PS3】『テイルズオブグレイセス エフ』12月2日に発売決定、予約特典の発表やPSNで体験版の配信も
祝、スーパーマリオブラザーズ25周年
「剣と魔法と学園モノ。3」、スフィアが歌うOPムービーが公開!