戦国BASARA3、出荷本数50万本を突破

写真拡大

株式会社カプコンのプレスリリースによると、「戦国BASARA」シリーズの最新作『戦国BASARA3』を国内で50万本出荷したとのこと。先日シリーズ史上最高の販売本数を記録したばかりですが、出荷でもひとつの到達点に。
シリーズ累計200万本出荷「戦国BASARA」シリーズは、個性溢れる戦国武将が活躍するスタイリッシュ英雄(HERO)アクションゲーム。2005 年の第1作発売以降、ユニークで斬新な世界観や個性的なキャラクターの魅力などが人気を博し、幅広いユーザーに親しまれてきました。

また、ワンコンテンツ・マルチユース戦略のもと、テレビアニメや舞台、地方自治体との様々なコラボレーションにより相乗効果を発揮するなど、戦国ブームの火付け役としても高い注目を集めています。そうした結果、今回の新作は従来のファンから新規のシリーズファンまで幅広く支持されてきました。

さらに、天下分け目の戦いとなる「関ヶ原」を舞台にした本作の発売によりシリーズ累計出荷本数210万本を突破。5年の歳月をかけて、シリーズブランドがひとつの看板タイトルとして定着したといえます。

『戦国BASARA』5周年企画もなお、今年5周年をむかえたことを記念して公式サイトにてシリーズ主題歌のベスト盤もすでに発表されています。アニメ、ゲームともに、いままでのシリーズを振り返ることのできる内容となっています。

現在も今後も多くのブランド展開が進められる戦国BASARA、ますます注目していきたいですね!



▼外部リンク

戦国BASARA3
株式会社カプコン

■関連記事
「剣と魔法と学園モノ。3」、スフィアが歌うOPムービーが公開!
パックマンをモチーフにした新感覚ゲーム『パックチェイン』配信開始
1組のマウス・キーボードを2台のPCで使える「KMスイッチ」
ゲームをしながら中1レベルの英語を学べる「子供用英語学習システム」が発売
【FF完全新作】ファイナルファンタジーレジェンズが配信開始