テキスト系妄想メディア「ワラパッパ (WARAPAPPA )」より

美容院などのオシャレ系のホームページに載っている地図って、カッコいいだけで「さっぱり分からない」というモノが多くないですか?
下の図のように、地名もなぜかすべて英字で、極端に省略されているかデフォルメされていて、かえって迷う人が多くなるのではないでしょうか?

001


でもまあ地図なんて、どっかの正確な地図にリンクを併記して貼っておけばいいわけで、美容院なら美容院の世界観を壊すよりは、カッコいい地図の方がいいのではないでしょうか。

というわけで、中途半端に場所を案内するのではなく、もっと大胆に描いた方がカッコよくなるのではと思い、構成主義で有名な画家、ピエト・モンドリアンの作品を下地に西新宿のライブドアの地図を描いてみました。

※参考:現在のライブドアの地図
live


※カッコよくなったライブドアの地図
002


かなりカッコよくなったのではないでしょうか?
でもこれでもまだ案内が出来ているので、もっとカッコよくできないでしょうか?ということで、ゴッホの絵を下絵にしてみました。

※もっとカッコよくなったライブドアの地図
003


いかがでしょうか。
これだと会社のイメージがグッとあがりますね。
会社のイメージをオシャレにしたい各企業のホームページ担当の方は、ぜひ参考にしてみてください。



この記事の元ブログ: 会社案内の地図をもっとカッコよくする方法


最新の記事
倒せジェダイ!「スターウォーズ」帝国軍の求人広告
大喜利「何気ナイスフレーズ」
ダーマの転職における履歴書の書き方
起きたらまだ夏
大喜利「駄目ヒーロー戦隊」
ビジネスメールにおける定番フレーズの略称を考えようぜ
トレンディ過ぎて。シンデレラが。