日本人留学生に対する性的暴行容疑で大学を職位解除された教授が、この留学生を誣告(虚偽)容疑で警察に告訴したことが分かった。東亜日報、朝鮮日報などが伝え、韓国のネット上ではこの教授に非難のコメントが集まっている。

報道によると、韓国の名門校として知られる慶煕(キョンヒ)大学は先月30日、理事会を開き、同校に在学中の外国人留学生を性的暴行した疑いで、文科大学のA教授を職位解除したと31日に発表した。

しかし、その後、A教授はこの留学生を誣告容疑で逆告訴。ソウル東大門警察署は先週、大学教授から“外国人留学生が性的暴行を受けたという虚偽事実を流したせいで、学校から懲戒処分を受けた”という内容の控訴状を受付けたとしている。控訴状には、留学生とお酒を飲み、モーテルに行ったのは間違いないとしながらも、強制で性的暴行を加えたことはなく、該当留学生が懲戒処分を受けさせる目的で虚偽事実を流したと主張しているという。

警察はA教授と留学生に、当時の状況などについて話を聞く方針。警察関係者は「性的暴行に関して教授と学生の主張が食い違っており、話の内容と学校側の調査資料を基に捜査に着手する予定」としている。

A教授は今年6月、1学期の最後の講義が終了した後、日本人留学生と一緒に食事をし、お酒を飲んだ後にカラオケに立ち寄り、その後モーテルに行きこの留学生に性的暴行した疑いが持たれている。留学生は事件後、校内にある性暴行相談室に暴行の事実を申告し、これを受けて大学側はA教授を職位解除した。大学は今度、懲戒委員会を開いて解任など重い懲戒処分をする予定であるという。大学関係者は「性的暴行の事実を越え、教授が学生と一緒にモーテルに行く事自体が教授としての品格を損なう行動であると判断し職位解除した」と説明している。

ネチズンらも非難のコメントが集まっている。
「とにかくやったことは自白したようだ。北朝鮮に送れ」
「教授が生徒を連れてモーテルに行ったとか…国に恥をかかせた教授はさっさと消えるべき」
「酒で酔っていたとしても教授として不適格」
「韓国の大学教授に恥をかかせたこいつをどうしてくれよう」
「地位を乱用したとされる状況で、告訴が常識的に受け入れられると思うのか?」
「教授が講義室で講義せず、モーテルで何しようとして行ったんだ?国の恥さらし」

被害を受けたとされる日本人留学生は、事件発生後に出国したが最近、韓国へ戻り在韓日本大使館に相談したことが分かっている。韓国メディアは外交問題に発展する可能性についても指摘している。


参照:留学生性暴行疑惑の慶煕大教授、職位解除 - mkニュース
参照:「日本人留学生性暴行」外交問題に広がるか - 東亜日報


(文:林由美)

■【韓フルタイム】とは……
【韓フルタイム】とは韓国に特化した情報を提供する媒体です。
韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。
韓国中心の出来事をいち早くお届けできるように頑張っていきます。