多くの女性にとってダイエットといえば、まず体重を減らすことが目的であることは間違いないでしょう。実際、書店に並ぶダイエット関連の書籍の多くは「〜日で〇〇キロ痩せる!」ということを謳ったものばかりです。

 『姿勢美法』の著者である宗冨美江さんも、かつて婦人病で入院したことをきっかけに、そのような本の情報を頼りにあらゆるダイエットを試しました。そして「特定のメソッドにはまって、激痩せした」そうです。

 本来なら喜ぶところですが、宗さんは急激な減量による副作用にも気が付きました。「確かに痩せたが、肌がくすみ、胸がなくなってガリガリ。見た目はブサイクになってしまった」
 
 「痩せるだけでは美しくなれない」ということに思い当たった宗さんは、独自のダイエットメソッドを考案します。それが本書のタイトルでもある『姿勢美法』です。

 このメソッドは姿勢から「美」を考えるのですが、一番重視されるのが「体の歪み」を直すこと。体が歪んだまま減量しても効果が偏ってしまい、ますます体の歪みを増長させ、却って美しさを損なってしまうのだそうです。

 「姿勢を正せば基礎代謝が上がり、より効果的に減量できます。そして代謝が上がった分、血行が改善され肌つやも良くなり、女性的な魅力がアップするのです」と宗さんは述べています。

 「何キロ痩せた」ということよりも「美しい姿勢」を重視する宗さんのメソッドを実践した人には、減量や美しさに関する効果だけでなく、健康面でも大きな効果が期待できるといわれています。

 本書では、その効果を実感するための具体的な方法をイラスト付きで解説。世界中から予約が殺到しているという宗さんのスタジオで実際に行っているメソッドを「7日間の『からだ革命』プログラム」として披露しています。

 このメソッドは、どれも一日数分で出来る簡単なものばかり。また、ウェブ上ではワークシートのダウンロードや、メソッドをわかり易く解説した動画も無料で公開されており、「7日間続かないかもしれない」と不安に思う読者がくじけないようにサポートしてくれます。



『姿勢美法』
 著者:宗 冨美江
 出版社:マーブルトロン
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
テリー伊藤が語る「売れるタレント」〜『人を見抜く力』(2010年8月30日05:46)
ハーバード・サンデル教授の本が電子書籍に〜『これからの「正義」の話をしよう』(2010年8月29日14:50)
充実した30代を生きるための「心構え」〜『30歳からの人生リセット術』(2010年8月29日10:09)


■配信元
WEB本の雑誌