男性から女性への「恋愛の告白」には、実はチャンスが2回あることを知っていますか?

 デートを重ねて親密な関係になりつつある、そして、いよいよ告白をするという時に気持ちが高ぶっているのは、基本的には女性よりも男性だと心理コーディネーターの織田隼人氏は言います。

 2人の気持ちの盛り上がりに差がある時は、盛り上がりに欠ける側のほうが、どうしてもギャップを感じ、否定的な気持ちになってしまうことがあります。多くの場合、女性のほうの盛り上がり方が低いので、女性はともすれば「彼のほうは盛り上がっているけど......。もしかして私って少しさめているのかなぁ」などと感じるような状況になることが多々あるんだとか。

 そのため、男性に告白された時に、気持ちのギャップを感じてしまい、その結果「彼が私を好きなほど、私は彼のことを好きじゃないんだ。これだと付き合えない。彼にも悪いし」と思って、告白を断る結果に......。

 しかし、あきらめてしまうのはもう少し先にしてください。多くの場合、その後にもう一度チャンスが訪れるからです。
 
 それには、その女性と距離を置く必要があります。実際に男性に距離を置かれて初めて「実は彼のことが好きだったんだ」と自分の気持ちに気づく女性が多いのです。

 フラれて1週間くらいは連絡をとらずに、その後に女性をデートに誘ってみてください。デートの誘いに応じてくれたら、再度告白してみてください。1週間の間に女性の心境が変化します。女性が1週間考えて「やっぱり好きだった」と気づいたら、それが刺激になり恋愛感情が盛り上がります。だから、告白してフラれた後の次のデートでもう一度告白すると、OKをもらえることが多いのです。

 多くの女性が、自分も好きになってきているのに、相手からの告白を断ってしまうことがあると織田氏。そして多くの男性も、告白して断られても、本当はその後にもう一度チャンスがあるのに、そのチャンスをつかもうとしないと言います。

 これはとてももったいないこと。告白してフラれても、1週間後に再度チャンスがあることをしっかり覚えておけば、恋愛の神様はあなたにほほえむかもしれないのですから。



『モテるデート (男のモテ本 Vol. 2)』
 著者:織田隼人
 出版社:あさ出版
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
ハーバード・サンデル教授の本が電子書籍に〜『これからの「正義」の話をしよう』(2010年8月29日14:50)
充実した30代を生きるための「心構え」〜『30歳からの人生リセット術』(2010年8月29日10:09)
ネット時代のスターになる秘訣〜『レディー・ガガ』(2010年8月28日10:44)


■配信元
WEB本の雑誌