先日、自民党の野田聖子衆院議員の妊娠が明らかになった。出産時の年齢が50歳という「超高齢出産」であることや、米国で第三者から卵子提供を受け、事実婚にある男性の精子との「体外受精」であるなど、状況が状況なだけに、ネットでも反響を呼んだ。
「図表入りの記事はこちら」
野田氏は、著書『私は、産みたい』でも綴っているとおり、鶴保庸介参院議員(自民党)と事実婚していた頃から不妊治療を続けており、流産も経験している。パートナーが変わってからも、出産をあきらめず治療を続けてきた熱意・信念を支持し、このたびの妊娠にエールを送るブロガーは多い。

・子どもが欲しいと望む彼女の気持ちはすごくまっとうだと思う。
・あきらめなかった野田聖子さんには尊敬の念を覚えます。
・同じ不妊治療経験者として素直に良かったねー、すごいねって思う。

しかし、一方で、「不妊治療」「体外受精」「第三者の卵子提供」「事実婚」など、倫理的、法的、社会的な面での問題を含むため、

・そこまでして子どもが欲しい?親のエゴじゃない?って思いが正直なところ。
・不妊治療中の我が家にとっては、ここまでできる精神力と経済力が羨ましい。
・多数のマイノリティを生まれてくる子にわざわざ課す必要が何故あるのか。
・女性としては理解できるとして、政治家としてやるべきことなのか?

と、否定的な意見や、疑問視する意見も多い。母になりたい女性の気持ちにも、産まれてくる子どもにも罪はないと誰もが理解しつつも、多様な価値観が存在している現代では、賛否両論が渦巻いている。
生殖補助医療(不妊治療)が普及する一方で、日本では、治療費や治療範囲など法整備の遅れが問題視されている。今回の野田氏の件をきっかけに、多様化する妊娠・出産を受容しやすい環境を求める声も活発化しており、今後の動向が気になるところだ。

ところで、気になると言えば、「50歳」という野田氏の出産時の年齢。身体的リスクは?出産後の育児は?等々、心配が尽きない年齢での出産に、同年代の女性たちは、

・足腰が痛い、記憶力の低下だって著しい年なのに、出産だなんて無謀だわ。
・さすがにもう私はムリよ・・・なのに父が妙な希望を持ってしまったじゃないか。

と実感こもったコメントを寄せているが、一方で、若い女性からは、

・不妊で悩んでいる私には希望が持てました。
・並大抵の苦労じゃないでしょうが、不可能なじゃないんだなぁ・・・。

など、今後の妊娠・出産に向けて勇気づけられるというコメントも少なくない。野田氏のチャレンジの影響で、これから高齢出産者が一段と増えていくのかもしれない。
ちなみに、一般的には35歳以上が高齢出産として扱われる世の中。検索してみると、自称“高齢/超高齢”出産経験ブロガーは案外多い。念願の赤ちゃん誕生に喜びも一入の高齢ママブログには、

・赤ちゃんの爪って本当に小さくて、老眼の私には近すぎて見えないんだよ---!!!
・ママ友は全員年下。ふた回りも下で娘のようなママ友とは話しが合わなくて・・・。

など、高齢ならではの育児苦労談も満載・・・。これから高齢出産を目指す方は、ぜひご参考に!
今後の育児スタイルにも注目が集まる野田氏の出産予定は来年2月。何はともあれ、母子ともに健康で無事な出産をお祈りしています。

(高宮真琴)

■ネゴトで語ろう!「ネゴトーク」
◎「赤ちゃん」について語ろう!


■関連記事
やっぱり?子ども手当ての満額支給ならず