『仮面ライダー電王』『ディケイド』のモンスター生みの親! 韮沢靖が描く“悪のヒーロー”で個展開催中

写真拡大

世界的イラストレーター、キャラクターデザイナーとしても有名な、韮沢靖(にらさわやすし)氏の個展が、2010年8月26日から2010年9月12日まで開催されることになりました。場所は東京阿佐ヶ谷のギャラリー『白線』。

実はこの個展『NIRAISM』は、毎回テーマを変えた内容で催されています。ちなみに前回の『NIRAISM』は、“PUNK”のテーマで、伝統的ロックアーティスト達の姿を、韮沢氏の筆で息を吹き込んでいます。ライブペイントでは、『最後の晩餐』というタイトルで、往年のロックスターたちを描き切りました(これは、本当に圧巻というべき迫力です)。s_thelastsupper_l
※全ての写真が表示されていない場合はこちらからどうぞ

今回のテーマは、悪党、悪役という意味の“Villains”!

ご存知の方も多いかと思いますが、韮沢氏はアンデッド系のデザインを非常に得意としています。非常に有名なところでは、『仮面ライダー剣』、『仮面ライダーカブト』、『仮面ライダー電王』、『仮面ライダーディケイド』といった平成仮面ライダーの悪役たちのデザイン(クリーチャーデザイン)をも手がけています。
スコルピオワーム
『モモタロス』の生みの親は、今回の個展をどんな人に見てもらいたいのか?−−そういったあたりも韮沢先生にうかがってきました。

- 好きなものを集めました
韮沢先生
ガジェット通信記者(以下、ガジェ通):こんなに暑いと、筆が進まないのでは?
韮沢先生(以下、韮沢):しんどいですね。なるべく夜にやるようにしています。(個展の)ライブペイントも会社帰りの人にあわせられるように、PM6:00とか7:00くらいになるようにしました。それにしても、昼ってこんな暑いんだ! 普段、(ドラキュラの就寝ポーズをして)こう、だからね(笑)。
ガジェ通:モチーフも夜が似合うモノが多そうですね、今回は特に。
韮沢:そう。前回、“ホラー”にしようって言ってた流れでこのテーマになったんだよね。
ガジェ通:韮沢さんのお好きなものだけを集めた!という印象があります。
韮沢:(モチーフは)なるべくこう、若い人たちにも見てもらいたい……埋もれた名作をサルベージして集めてみたんですよね。埋もれてるだけに、「これなんですか?」と聞かれると説明も難しくて。
ガジェ通:名作が多いですね。ギャラリー
韮沢:『悪魔の植物人間』とか『狼男アメリカン』とか……『ビートルジュース』ですら、30代の子が「知らない」って言ってましたから。「これ、ティムバートンなんだよ」って教えてあげたりしてね。
ガジェ通:わわ!これは僕もタイトルしか知りませんでした。
韮沢:なので、そのあたりも、説明していこうかな、ってね。
ガジェ通:(『13日の金曜日』と『エルム街の悪夢』の)ジェイソンとフレディは、かなりお描きになられているイメージです。
韮沢:いや、初めてですね!両方とも!
ガジェ通:ええっ!そうなんですか。韮沢さんのお描きになるものの中ではかなり頻繁に出ているような気になっていました。フレディ
韮沢:あと、いつもはデザイン画なんで全身描くのが多かったんですが、今回はトリミングの部分も意識してみました。キャンバスも変形サイズなど扱っています。その辺も隠れテーマです。
ガジェ通:確かに、かなり構図なども今までとはまた違った雰囲気です。
韮沢:“マスクシリーズ”で描いていたら、楽しくなってしまって、今回マスクが多いです。11種類もあります。
ガジェ通:(笑)
韮沢:あと変形(キャンバス)だから、「額、どうしよう」って話していたんだけどその時に目に付いた鎖のブレスレッド見て、「これだ!」と。「鎖!うぉおおお!」と囲んでしまったんです。(一同笑)phantom

- 平成ライダーから知った人に見てもらいたい
ガジェ通:僕らは、韮沢さんの作品については、(個展にあるような)“原点”から『モモタロス』のような平成ライダーのデザインに行き着くわけですが、若い子たちは、それこそ『モモタロス』などの平成ライダーのデザインを見て、韮沢さんのワークスにたどり着くかもしれません。そうするとかなりビックリするんじゃないでしょうか。ギャラリー2
韮沢:(モチーフは)我々が体験してきたのはホラー映画などですけど、その辺りを知らない子達にフィードバックされるといいな、と。「こりゃあ、なんだ?!」と思ったときに、今では全てDVD屋に(モチーフになっている映画なども)あるわけですよね。
ガジェ通:手を伸ばせば届くものばかりですよね。
韮沢:なので、(モチーフについての理解も)そうなったらいいな、と思ってます。従来の怪人たちもアレンジを加えて描いていくのも、“架け橋的”な意味でいいかなー、と。巨大キャンバス
ギャラリー白線 斉藤氏(以下白線斉藤):作品としてはライダーの怪人達にしても、もともとのインスピレーションというのは、(今回の個展にある)これらがルーツなので、何がどうインスパイアされているのか、というのを見るのも面白いと思います。
ガジェ通:今の小学生が韮沢さんの怪人のインスピレーションを受けてこれから育って、何か作ろうと思ってその源流を勉強した時にまた新しい“芽”が出たり、って事もあるわけですよね。
韮沢:ですよね!それはいいことだと思います。

- 過去の作品からのインスピレーション
ガジェ通:B級映画にしても、なんていうか、昔の作品のほうがイマジネーションが湧くって場合がありますよね。
韮沢:ありますね!ゾンビなんかでも、カラーのじゃなくてその元になったモノクロのやつ見て、「怖えええ〜!」って。
ガジェ通:フィルムの雰囲気っていいですよね。最近、縁あって『ウルトラセブン』などの円谷系の特撮なんかを見返したりしているんです。フィルムのざらざらしたところや、その当時でしか作れない、独特の質感のセットとか……そういう“雰囲気”から派生する創作とかあったりするのは面白いだろうなあ、と思います。
韮沢:いいですよねえ。『ウルトラセブン』は特に名作ぞろいですよね!話が哲学的すぎて。
ガジェ通:本当に!
韮沢:今の『ウルトラマンゼロ』って、セブンの息子なわけじゃないですか。そうすると、『ウルトラセブン』また見ようぜ!ってなるわけですよね(笑)。
ガジェ通:3歳の子供とかが、セブンのテーマ歌ってますからね。
韮沢:おぉ!セブンー♪セブンー♪(歌いだす韮沢先生)
ガジェ通:きっと先の平成ライダーにしても、そのパターンでどんどんさかのぼって、昔の作品が見返される、というケースも多いんでしょうね。源流をさかのぼって昔のものを再評価するという流れは悪くないんじゃないかと思います。
韮沢:“在る”ものですからね。せっかく。

ガジェ通:韮沢さんの作品は、過去のものと現在をつなぐという意味でも、非常に象徴的だと思います。そういう意味でも、多くのお客さんに見てもらいたいですね。話は変わるんですが、今描いているキャンバスには手裏剣が刺さっていたり、頭にピンが刺さっていたり、……描きづらくはないんですか?(笑)頭にピンが!
韮沢:いやあ、描いてたらついつい、もう刺したくてしょうがなくなっちゃって(笑)。描くときは、外します(笑)。半立体、の感じで。
ガジェ通:ところで、スプレー着色って、以前からおやりになってました?
韮沢:いや、前回の“PUNK!!”のときにもやったんです。『最後の晩餐』で。深みが出るので、調子に乗っちゃってまた今回やってみました。
ガジェ通:ものすごく年季の入ってる雰囲気になってますよね。『最後の晩餐』は描いている途中を見ていただけに、ビックリしました。

ガジェ通:今回、物販とかありますか?
白線 斉藤:オリジナルイラストの手ぬぐい作ったんですけど、全部売れちゃって。
ガジェ通:うわあ、それ(サンプル)見て「欲しいなあ」と思って聞いたんですが、やっぱ売れちゃってたんですか。早く来ないとダメですね。
白線 斉藤:手ぬぐいはまた別のデザインで作りますよ。あとカンバッヂやTシャツなども売る予定です。
ガジェ通:楽しみにしています。

- 「これぞ、韮沢靖」な今回
ガジェ通:いらっしゃる方にアピールなどございますか?
韮沢:個々の作品の説明をしたいですね。是非足を運んでください。
白線 斉藤:さっきの話の中にも出てきたんですけど、今回はシチュエーションとストーリーが感じられるようなフレーミングといったところに気を配ってます。これからもライブが増えていくと思うんですが、そういったところも楽しみにしてください。今回、私の中では「これぞ、韮沢靖!」という印象なので、みんなに見てもらいたいですね。
ガジェ通:フレディとジェイソンの話が今回、驚きでした。
白線 斉藤:フレディをデザインした人とすごく友達になれそうだよね(笑)。
韮沢:(フレディのデザイナーは)知らないんだけどね(一同感嘆)。それにしても、描いてて思ったのは、フレディって、キャラクターとしてすごく完成されている。帽子とシマシマと爪だけで、フレディになっちゃう。改めて思いました。
白線 斉藤:不朽の名作ってアイコンがしっかりしていますね。
韮沢:そうそう。

- みなさんへのメッセージ
ガジェ通:今回の感想などはいかがでしょう。
韮沢:夏は……夏の開催は(余りに暑いから)考えたほうがいいね(笑)! 「夏はホラーだ!」なんて言ってたけど暑くて!
白線 斉藤:でも、(韮沢さん)今回特にがんばりましたよね。気合が違う!
ガジェ通:ファンの方々に何か、一言ございましたら。
韮沢:まあ、熱中症に気をつけて!ってことですよね!
ガジェ通:みんな水分とりましょう、と。
韮沢:熱中症で水分とろう、という話になるとね、今度それはそれでローマのことわざでですね、「酒の神バッカスは、海洋の神ネプチューンより多くの人を溺れさせた」と。これも付け加えておきましょうか。
※韮沢先生、この時は水分補給のために『サッポロ黒ラベル』を召し上がっておられました。
ガジェ通:(一同笑)かなり含蓄(がんちく)があります。酒はいいものです!
韮沢:いや、本当、酒だけは美味いですね!(笑)

白線 斉藤:『ギャラリー白線』では、イエアメガエルのBOB君と一緒に、皆さんのご来場をおまちしております。イエアメガエル
ガジェ通:今回もありがとうございます。

イエアメガエルのBOBといっしょ
韮沢 靖 個展 「NIRAISM」 “Villains”
東京・阿佐ヶ谷 「白線」
http://hakusen.jp/
2010年8月26日(木)〜2010年9月12日(日)絶賛開催中。
期間中は韮沢 靖氏本人によるライブドローイングも予定。
入場は500円。
白線

■関連する投稿
【ロングインタビュー】韮沢靖が描くロックスター、阿佐ヶ谷で公開中!
仮面ライダーのクリーチャー達を産み出した「世界の韮沢」のライブドローイングイベントが開催される
マジックだけで何でも描く“阿佐ヶ谷の韮ドン”は“世界の韮沢”
終わっても席は立っちゃダメ! 『花と蛇3』はエンドロールまでサービス全開!
4コマギャグ漫画『週刊 はじめての初音ミク』が『週刊ヤングジャンプ』で連載スタート!