北朝鮮の労働新聞は4日、「米韓がまもなく行う合同軍事演習は朝鮮半島の平和と安定を破壊するものだ」と非難したうえで、情勢を見極めて即時に停止することを求めた。中国国際放送局が報じた。

 評論は「米韓はまもなく朝鮮半島の西部海域(黄海)で対潜水艦の合同軍事演習を行う。これは北朝鮮にとって容認できない『挑発』であり、朝鮮半島の情勢を戦争の瀬戸際に導く軍事的な挑発行為だ」とし、「国際社会が朝鮮半島情勢の緩和や、対話と平和の実現を希望している現在、情勢を緊迫させることは、米韓にとっていかなる利益にもならない」と指摘した。

 米韓は5日から9日にかけて、韓国の西部海域(黄海)で対潜水艦の合同軍事演習を行うが、その目的について韓国側は「北朝鮮に力強い抑止情報を伝えることにある」と表明している。(編集担当:村山健二)



■最新記事
韓国系米国人がスパイ罪で起訴、北朝鮮に関する情報を漏洩で
米韓、5日から対潜水艦合同演習を実施、北の監視が目的
韓国大統領、金総書記の訪中を評価、「北の経済に良いこと」
米国、北朝鮮の関連団体と個人に制裁実施へ
韓国、北朝鮮に7億円相当の救援物資を提供へ