こんなにあった“骨盤ダイエット本”の世界
 ぽっこりお腹、寸胴ウエスト、どっしりとした太もも…これらの原因は、骨盤の歪みが関係している可能性があります。特に女性は体型のみならず、腰痛や冷え、肩こりなどの体調不良の原因が骨盤周辺から起きてくるケースが多く見られます。
 そんな流行にのってか、「骨盤○○」というタイトルがついた書籍をよく見かけるようになりました。面白いタイトルのものをいくつか紹介したいと思います。

◆『骨盤たたきダイエット―ゴロ寝で3分!』(2006年6月出版/松岡博子、伊藤樹史・著/マキノ出版)
 
 「えっ、たたくの?」と驚かなくても大丈夫。体型タイプ別の簡単なゴロ寝体操を行うだけで骨盤の歪みが解消されるそう。寝ながらできるなら続けたらそうですね。

◆『コワいほどやせる!骨盤スクワット』(2009年2月出版/小倉誠・著/マキノ出版)
 
 スクワット、と聞くとなんだか大変そうですが、一日たったの3分で、しかも毎日やらないほうがいいみたい。どれだけ痩せるのか気になります。

◆『たった5回!「骨盤クランチ」で下半身からヤセる! 』(2010年2月発売/永井正之・著/青春出版)
 
 何をするのでしょうか。詳しくはわかりませんが、表紙の細いウエストを見ると挑戦したくなってきます。amazonレビューによると、男性にも効果があるそうです。

◆『絶対やせたい人の骨盤足ふみダイエット』(2009年7月/青山正・著/マキノ出版)
 
 腰をまわして、その場で足踏みするだけで痩せるというダイエット法。にわかに信じがたいですが、著者は接骨医院の先生。骨盤の中心にある仙骨に注目しています。

 いずれの骨盤ダイエット本も「短時間で痩せる」ことに重点を置いています。
 正しい知識がないまま行うと骨盤に不自然な動きをさせてしまい危険ですが、どの方法にも根拠があり、正しく行えればきっと成果が出るはずです。

 
 『最後の骨盤 女力は骨盤で決まる』(2010年7月発売/有吉与志恵・著/講談社)は、「痩せる」ことよりも骨盤に対する正しい知識について言及しています。
 骨盤のまわりにある筋肉やそれの鍛え方、そしてどんな効果があるのか、など。日常生活での骨盤の使い方や、歪まないようにするコツを分かりやすく紹介しているので、「骨盤○○」に挑戦する時には参考にしてみるとよいのではないでしょうか。
(新刊JP編集部/川口絵里子)


【関連記事】
こんなにあった!知られざる『○○だけダイエット本』の世界
炭酸水を飲むだけでダイエットになる理由
女優・杉田かおるが10キロ痩せたダイエット法を伝授

【新刊JP注目コンテンツ】
クリエイター人生を送るためにやるべき3つのこと(新刊ラジオ 第1221回)
ゴルフは“仕事力”を鍛える?!(新刊ラジオ 第1220回)