(社)日本ライフスタイル協会(代表理事:三島俊介氏)が認定する「リビングスタイリスト」の第11回2級資格試験が、さる7月4日(日)に全国40会場にて実施され、受験者数計1143名のうち815名が合格した。合格率は71.3%だった。
受験者の特徴は、男女別では女性が62%を占め、業種別には高校・専門学校・短大・大学を含めた学生が41%、社会人が58%だった。また年齢別では最年少が15歳、最高齢が66歳で平均年齢は23.4歳。2級合格者は計1万1217名となった。

なお11月14日(日)には、「第12回2級リビングスタイリスト資格試験」が、年明け2月下旬には「第5回1級リビングスタイリスト資格試験」の実施が予定されている。また同協会では、本年度より新たに「リフォームスタイリスト」資格認定もスタート、5月と8月に資格認定講座を実施した。次年度以降は資格試験へ以降予定となっており、新たな資格として注目を集めている。