「少女時代は反日歌手!」の報道に韓国反論、「根も葉もない噂」

写真拡大

8月25日に日本でのショーケースイベントに3回公演で約2万人のファンを動員し、大成功を収めたガールズグループの少女時代に、日本国内のネット上で反日歌手のうわさが流れたという。韓国国内では、少女時代が反日歌手の誤解を受けてるという報道がされると、韓国ネチズンは、大成功した少女時代に嫉妬し、根も葉もないうわさを流した、と反論した。

2日、日本のインターネット上で「少女時代は反日ソングを熱唱した」という書き込みが続々と寄せられ、「こんな歌を歌う反日歌手がなぜ日本にきて活動するんだ?」「なぜ少女時代の活躍だけを報じるんだ」など怒りをあらわにしたとの日本での反応を韓国メディアが報道。

これに対し、韓国ネチズンたちは反論。「日本で活躍してるから嫉妬してるんじゃないか」「総理が靖国参拝する国でこんな風になるなんて」「そんなたわごとを言う価値のない奴ら」など、韓国ネチズンのコメントを報じた。

韓国メディアによると、ネット上に掲載されたものは、少女時代が2年ほど前に、ある行事のリハーサルで「独島は我々の島」の歌を歌う姿と、2001年にフジロックフェスティバルに韓国代表で参加した歌手グループ「ノーブレイン」が日の丸を引き裂くパフォーマンスで当時問題となった映像と一緒に掲載したもので、‘少女時代は反日歌手‘との汚名をきせられたという。

また、最近日本のニュースサイトJ−CASTが、5分間も少女時代のショーケースを重要ニュースとして放送したNHKに対し、放送を見た視聴者からの非難や疑問視した声など、日本国内で報じたものを韓国メディアは合わせて紹介している。

今回の報道に韓国ネチズンは、「韓流の拡大のひがみだ」というコメントのほか、「反韓感情は仕方ないでしょう。私たちも日本嫌いだから。自然な現象。」「一部のネット右翼がやってること。気にすることない」など冷静なコメントがあがっており、日韓のネット上の戦いは限りなく続くようだ。


参照:「少女時代が反日歌手?」日ネチズン度を超したバッシング - 国民日報
参照:韓国ロックバンド、日本で公演中に日章旗を破る - 聯合ニュース


(文:林由美)

■【韓フルタイム】とは……
【韓フルタイム】とは韓国に特化した情報を提供する媒体です。
韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。
韓国中心の出来事をいち早くお届けできるように頑張っていきます。