カセットボンベで発電が出来る! 『エネポ EU9iGB』で実際に発電してみた

写真拡大

ホンダは、カセットコンロなどに使うLPカセットボンベで動く、持ち運び可能な発電機『エネポ EU9iGB』(以下、エネポ)を発売しました。使用燃料はカセットボンベ2本で、定格出力は100V-900VA、最大で約2.2時間動きます。ガジェット通信は『エネポ』を使って実際に発電してみました。

レバーを引くと、取れるようになっています『エネポ』は今までのガソリンタイプと違い、カセットボンベを使い発電するのが最大の特徴です。カセットボンベはホームセンターやデパート、コンビニなどで手軽に入手できるため、いつでも簡単に電気を使う事ができ、非常時の電源としても役立ちます。また、ガソリンと違い容器を必要としない上、持ち運びもしやすく、こぼれたりする心配もありません。

今は停止状態です使い方は至ってかんたんです。まず、カセットボンベをセットします。そのあとは“運転”にスイッチをひねり、グリップを引きエンジンを始動させるだけです。本体には操作の手順が大きな数字で書いてあるため、初めての人も簡単に使えます。

運搬用に折りたたみ式のハンドルと大型キャスターがついているので、力のない方でも簡単に運ぶことができる配慮もうれしいです。『エネポ』では正弦波インバーターを搭載しているため、パソコンなどの精密機器も安心して使うことができます。注意する点としては、マフラーから出る排気ガス。一酸化炭素が多く含まれているので、屋内や換気の悪い場所で使うことはできません。
こんなに繋いでます
『エネポ』本体は思ったより小さく、正直これでテレビやパソコン、ゲーム機が動くという実感がありませんでした。だがしかし、いざ配信しながらゲームを開始するとなんの問題もなく発電が行われます(当たり前ですが)。気になる駆動音はというと、そこまでうるさくないなあ、というのが正直な感想。カタログスペックでは、駆動音は79〜84dBとなっています。低いうなりをあげて発電をしているのですが、従来のガソリンタイプと比べたら、非常に静かです。屋台のお店で使われているガソリンタイプの発電機の半分くらいの音じゃないのかな、という印象でした。

そのため、駆動音を意識せず、ストレスフリーで屋外でのテレビゲームに集中できました!

……まぁ外でテレビゲームをしている行為によって、周囲にストレスを与えていたかもしれませんが……。
実際に使ってみました

コンセントは2個所させますこの『エネポ』、2台を並列で使用できる並列運転コード(別売り)により、2倍の1800VAの出力発電が可能となります。また既存のガソリン発電機『EU9i』との並列運転も可能になっています。お花見の際のカラオケ、キャンプ、停電などもしもの災害時、電気のない場所への出張、様々な用途で使うことができます。気になる価格は、メーカー希望小売価格で10万4790円(税込み)です。災害時にも便利な発電機『エネポ EU9iGB』。1家に1台いかがでしょうか。

『エネポ EU9iGB』主な仕様
タイプ(区分): JN
定格出力(交流):100V-900VA
全長: 365mm
全幅: 262mm
全高: 524mm
乾燥質量: 19.5kg
使用燃料: LPG(液化ブタン / 指定カセットボンベ)※2
燃料容量: 500g〈カセットガス2本の容量〉
使用温度範囲: 5〜40℃
連続運転可能時間: 約2.2〜約1.1時間 [1/4負荷〜定格負荷]


■最近の注目記事
超小型22g! 自転車のハンドルやヘルメットに取り付けて撮影できる『自転車用ミニDVカメラ』
「島根にパソコンなんてあるわけないじゃん!」 Googleで「島根に」と検索したら……
あの楽しかった日々を……子供の頃やっていた遊びで今もう1度やりたいものは?
ダイエットについてのアンケートを実施 「間食しない」「適度な運動」が1位2位に
“w”の意味と由来知ってる? “w”についてのアンケートも取ってみた