対応11タイトルがズラリ! SCEがPS3の“第2のコントローラー”となる『PlayStation Move』体験イベントを開催

写真拡大




ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、USBカメラとモーションコントローラにより、プレイヤーの手の動きでゲームを操作できる『PlayStation Move』のプレス向け体験イベントを開催しました。会場には対応する11タイトルがズラリ。ガジェット通信の記者も実際に触って体験してきました。

『PlayStation Move モーションコントローラ』と『PlayStation Eye』が基本構成。これに『PlayStation Move ナビゲーションコントローラ』が補則します
『PlayStation Move』は、SCEが従来の『DUALSHOCK』に続く“第2のコントローラー”として開発したコントローラシステム。スティック上のコントローラーの先端に『スフィア』と呼ぶ球体が取り付けられた『PlayStation Move モーションコントローラ』と、『スフィア』の位置を検出するUSBカメラ『PlayStation Eye』から構成します。モーションコントローラには、手の動きを高精度に検出する3軸のジャイロセンサ、3軸の加速度センサ、地磁気センサを搭載。カメラによる位置の認識と組み合わせて、“空間で遊ぶ”新しい遊びを提案します。

同時に、アナログスティックと方向キーを搭載し、『Wiiリモコン』に対する『ヌンチャク』のようにモーションコントローラーを補完する『PlayStation Move ナビゲーションコントローラ』も発売され、複雑な操作が必要なゲームにまで対応します。

『バイオハザード5』は『モーションコントローラ』と『ナビゲーションコントーラ』の2本で操作
筆者とソル記者は、『モーションコントローラ』と『ナビゲーションコントローラ』を組み合わせて使う『バイオハザード5 オルタナティブ エディション』に挑戦。『ナビゲーションコントローラ』で移動し、『モーションコントローラ』で照準やトリガー、ナイフなどを操作します。サクサクとプレイを進めるソル記者に対して、筆者はすぐ弾切れになり、『モーションコントローラ』でナイフを振り回して防戦一方。すぐにゲームオーバーになってしまいました……。『バイオハザード』の場合、操作感はWiiに似ているものの、迫力あるグラフィックのPS3で体感的にゲームをプレイできるのが印象的でした。2本のコントローラがワイヤレスで独立しているのも、自由な感覚で新鮮です。

筆者はほかにも、格闘ゲーム『肉弾』をプレイ。こちらは、『モーションコントローラ』2本を手に持ち、ひたすら相手と殴りあうゲーム。モーション認識の精度が高いため、振りかぶって殴らないとダメージが少ないなど、リアルな拳による語り合いを楽しめました。まあ、筆者のヘナチョコパンチは全然相手に効かなかったんですけどね……。

イベントではこの後、開発に携わったスタッフによるプレゼンテーションと共同インタビューが行われました。詳しい内容はこの後お伝えします。

会場で体験できたタイトルは次のとおり。

発売中:
『バイオハザード5 オルタナティブ エディション』(カプコン):4990円(税込み)

10月21日発売:
『街スベリ』(SCE):2980円(税込み)
『BIG 3 GUN SHOOTING』(バンダイナムコゲームス):6279円(税込み)
『スポーツチャンピオン』(SCE):3980円(税込み)
『Beat Sketch!』(SCE):2980円(税込み)
『Me&My Pet』(SCE):3980円(税込み)

11月18日発売:
『肉弾』(SCE):3980円(税込み)
『無限回廊 光と影の箱』(SCE):3980円(税込み)

11月発売:
『Moveでパーティ』(SCE):3980円(税込み)

12月発売:
『TV スーパースター』(SCE):3980円(税込み)

2010年発売:
『フリフリ!サルゲッチュ』(SCE):価格未定

■関連記事
『PlayStation Move』体験会に行ってきたぞ! 2008年からプロジェクトは進んでいた
アレのさきっちょは柔らかかった!
手の動きで『PS3』を操作する『PlayStation Move モーションコントローラ』の日本発売は10月21日に決定
SCEが手の動きで『PS3』を操作する『PlayStation Move モーションコントローラ』を発表
マイクロソフトがプレイヤー自身をコントローラーにする『Xbox360』の『Kinect』を正式発表