PCで3Dが楽しめるポータブルブルーレイドライブ

写真拡大

その重さわずか340gメルコホールディングスグループの中核企業である株式会社バッファローは、パソコンで3D再生が出来るポータブルブルーレイドライブ「BP3D−PI6U2−BK」を9月上旬より発売すると発表した。

パソコンで3Dが楽しめる「BP3D−PI6U2−BK」には、3D映像の再生に対応したソフトウエアが標準添付されている。その添付された視聴ソフトウェア「cyberLink PowerDVD 9」は、Blu−reyに準拠したブルーレイディスクを再生出来るほか、なんと2D映像を3Dにリアルタイムでコンバートしてくれる機能までついているのだ。2DのDVDはもちろん、映像データまで3D化してしまうという優れものである。

3D映像を楽しむためには、「BP3D−PI6U2−BK」と一緒に、3D映像の再生に適応しているディスプレイ環境が必要だという。必要なものさえ揃えてしまえば、自宅のPCで迫力満点の3D映像を堪能出来るというわけだ。新作の映画や、お気に入りの映像データを3Dで見ればきっと倍楽しいはず。「BP3D−PI6U2−BK」の重さは、わずか340Gと軽くて小さいので、置き場所にも困らないはずである。3D映像に興味のある人は大変おすすめのポータブルブルーレイドライブである。3Dの映像に感動することであろう。

▼外部リンク

株式会社バッファロー


■関連記事
ファイナルファンタジーXIVのオープンベータ、不具合により延期
エレコムがUSB3.0対応の4ポートUSBハブを発売
名作ゲーム「MOTHER」のキャラクターグッズがゲーセンに登場
PS/PS2のゲームパッドをPC/PS3で使えるコンバータが登場
『乙女文具(おとぶん)』からヘタリアの世界地図ブックカバーが発売に