東芝が世界最速のSDHCメモリーカード発売へ

写真拡大




東芝は、世界最速の転送速度を実現したSDHC UHS-Iメモリーカードを11月から順次発売し、microSDHC UHS-Iメモリーカードを11月からサンプル出荷すると発表しました。いずれもCPRM技術を採用した著作権保護機能を搭載します。

SDHC UHS-Iメモリーカードは、SDメモリーカード規格Ver. 3.0の高速インタフェース規格であるUHS104に対応。最大読み出し速度95MB/s、最大書き込み速度80MB/sを実現しました。SDメモリーカード規格Ver. 2.0に準拠した従来のSDHC対応機器とも互換性があります。32GBの製品を11月、16GBと8GBの製品を12月に発売する予定で、価格はいずれもオープンです。

microSDHC UHS-Iカードは、世界で初めてSDメモリーカード規格Ver. 3.0の高速インタフェース規格であるUHS50に対応。microSDHCカードでは世界最速の最大読み出し速度40MB/s、最大書き込み速度20MB/sを実現しました。SDメモリーカード規格Ver. 2.0に準拠した従来のmicroSDHC対応機器とも互換性があります。DDR50にも対応し、HSモードと同じSDクロック周波数で2倍(50MB/s)のバス転送速度を実現。11月から16GB、8GB、4GBの3製品をサンプル出荷します。


■関連記事
グリーンハウスがClass10に対応した64GB容量のSDXCカード発売へ
グリーンハウスがSDXC対応のSDカード用シングルスロットUSBカードリーダー発売へ
東芝が64GBのSDXCメモリーカード発売へ
パナソニックが大容量のSDXCメモリーカードを発売
USBメモリーやSDカードの動画もOK! CPRM対応再生専用DVDプレーヤー