「土俵の鬼」と言われた45代横綱初代若乃花(82)の訃報を繰り返し伝えた。昭和30年代、ライバル栃錦とともに相撲界を支え、「栃若時代」を築いた。井上貴博アナによれば、「戦後の横綱では最軽量」だったが、「呼び戻し」のような大技を見せて、ファンを喜ばせた。引退後も二代目若乃花、隆の里らを育て、さらに相撲協会の理事長も務めた。

   コメンテーターの北川正恭(早稲田大学大学院教授、元三重県知事)が相撲通ぶりを発揮する。

「あの頃はスポーツといえばプロ野球と相撲しかなかった。プロレス入りした力道山がアウトロー的スーパースターだったとすれば、若乃花は相撲の本道を歩いたスーパースターの感じ。
綺麗なんですよ、均整のとれた鍛えられた肉体が。それに、言葉の一つ一つ、挙措動作が鍛錬され訓練されていた。たとえば、普通の人が『ゼニは土俵の中に落ちている』と言えばイヤミになるが、若乃花は苦労したから吐ける」

   きのう(9月1日)から夏休み中のみのもんたに代わるMC役の久保田智子アナが、「『土俵の鬼』と言われるのはイヤなのでは?」と素朴すぎる質問をしても、北川は「『鬼』には恐ろしいということだけでなく、神々しいという意味なんかもある」と誠実に返答していた。年の功だろうか。

アレマ

J-CASTテレビウォッチとは?

ワイドショーやドラマなどのテレビ番組を独自の視点でウォッチします。カリスマ占い師の不思議な言動や深夜のオモシロ番組もここでチェック!
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!