2008年に第1作がPS3向けに発売され、今年1月には第2作目がPSP向けに発売された、セガのシミュレーションRPGゲーム「戦場のヴァルキュリア」。

セガの人気シリーズ「サクラ大戦」を制作したスタッフが手がけており、ゲームだけでなくコミックス化やテレビアニメ化も行われている同作ですが、ゲーム版の最新作とおぼしきページが公開されました。

詳細は以下から。
新たにセガが開設した特設サイト。現在情報は掲載されていませんが、「東京ゲームショウ2010」が開幕する9月16日に情報が解禁される予定だそうです。

http://code1935.jp/


また、特設サイト下部にあるTwitterのアイコンをクリックすると、「9月16日まで閲覧を禁じる! Not to be opened till 9.16. -- http://code1935.jp」という文章が自分のTwitterに投稿されるようになっています。

ちなみにURLの「code1935」という数字ですが、戦場のヴァルキュリアの時代設定は「征歴1935年」であるため、どうやら同作の最新作が東京ゲームショウ2010で発表される可能性が高いということのようです。

なお、戦場のヴァルキュリア第1作目のプレイムービーはこんな感じ。水彩画がそのままゲームになったかのような独特の描画手法「CANVAS」を採用しています。
YouTube - 戦場のヴァルキュリア ミッションプレイ その1


「戦場のヴァルキュリア」のポータルサイトは以下。

SEGA|『戦場のヴァルキュリア』ポータルサイト


・関連記事
「SaGa(サガ)」シリーズ最新作登場に向けて公式サイトオープン - GIGAZINE

異色RPG「俺の屍を越えてゆけ」の続編企画が提出中、ソニー内部でも賛同する動き - GIGAZINE

大ヒットシミュレーションRPG「戦場のヴァルキュリア」アニメ化で開催されたスペシャルステージをレポート - GIGAZINE

記事全文へ